脳ドック

神戸市で脳ドックが受けられる3つの施設!おすすめポイントを紹介

更新日: 公開日:
501view
シェアする

脳血管疾患(脳卒中)は、がん・心臓病に次ぐ死因であるとともに、ある日突然発症して生命に危険を及ぼすこともある重篤な疾患です。しかし、脳ドックの定期受診によって、発症の前触れを把握することは難しくないとされています。

能動的に脳卒中リスクを早期につかむための参考になる情報として、神戸市で脳ドックを提供している3施設について、検査コースの特徴やおすすめポイントを紹介します。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年6月時点のものです。(更新日2019年10月)

医療法人社団 王子会 神戸循環器クリニック

医療法人社団 王子会 神戸循環器クリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:兵庫県神戸市中央区楠町6-11-5

アクセス:神戸市営地下鉄西神・山手線 大倉山(兵庫県)駅 西出口1(エレベータ有)右、徒歩5分

診療時間
09:00-17:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

医療法人社団 王子会 神戸循環器クリニックについて

神戸循環器クリニックの所在地は、神戸市中央区楠町6丁目。市営地下鉄「大倉山駅」から徒歩5分、JR「神戸駅」から徒歩10分、阪神・阪急「高速神戸駅」から徒歩7分のアクセス環境です。

医療法人社団 王子会 神戸循環器クリニックのおすすめポイント

神戸循環器クリニックの脳ドックは、脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見を目指し、「人にやさしい医療」の一環として提供されています。検査コースの名称には、「脳ドック(頭部MRI・頭頸部MRA・頸動脈エコー・安静時心電図・血液検査・尿検査)」などがあります。

名称が示すとおり、主な検査項目は、頭部MRI検査/頭部MRA検査です。頭部MRI検査を用いて血管がつまって発症する脳梗塞を、頭部MRA検査によって、くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤を調べます。

また、脳卒中の発症リスクを高める動脈硬化の程度について、頸部MRA検査や、頸動脈超音波(エコー)検査を用いて調べます。さらに、血液検査でチェックする項目には、悪玉(LDL)コレステロールが含まれており、動脈硬化を進行させる生活習慣病リスクの評価に役立ちます。

検査コースの所要時間は1~2時間。検査結果については受診当日に説明があります。

社会医療法人神鋼記念会 新神戸ドック健診クリニック

社会医療法人神鋼記念会 新神戸ドック健診クリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:兵庫県神戸市中央区熊内町7-6-1ジークレフ新神戸タワー2F

アクセス:JR山陽新幹線 新神戸駅 徒歩2分

診療時間
08:00-16:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

社会医療法人神鋼記念会 新神戸ドック健診クリニックについて

新神戸ドック健診クリニックは、神戸市中央区熊内町7丁目にあり、市営地下鉄「新神戸駅」、新幹線「新神戸駅」より徒歩数分のアクセス環境です。

社会医療法人神鋼記念会 新神戸ドック健診クリニックのコース・費用

社会医療法人神鋼記念会 新神戸ドック健診クリニックのおすすめポイント

新神戸ドック健診クリニックの脳ドックは、「脳ドックコース(1日人間ドック+頭部MRI)」という名称で提供されているように、全身の健康状態をチェックするスタンダードな人間ドックに、脳血管疾患(脳卒中)リスクを調べる脳ドックがプラスされた検査コースです。

脳ドックとしての検査項目は、頭部MRI検査/頭部MRA検査です。それによって、脳梗塞や、くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤などを調べます。

胸部X線(レントゲン)検査や上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、腹部超音波(エコー)検査、安静時心電図検査など、スタンダードな人間ドックとしての検査項目も同時に実施します(男性には前立腺エコー検査も実施)。検査結果については、受診当日に医師からの説明があります。

なお、新神戸ドック健診クリニックは、日本人間ドック学会の機能評価認定施設です。これは、実施している人間ドックの質について、第三者的評価基準を満たしていることを意味します。

わかば画像診断クリニック

わかば画像診断クリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:兵庫県神戸市中央区中町通4-2-19

アクセス:神戸高速線(高速神戸-三宮) 高速神戸駅 西口徒歩1分、5番出口すぐ

診療時間
09:00-12:00
13:00-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

わかば画像診断クリニックについて

わかば画像診断クリニックは、神戸市中央区中町通4丁目に立地しています。阪神・阪急「高速神戸駅」西口より徒歩1分、JR「神戸駅」もしくは市営地下鉄「ハーバーランド駅」より徒歩5分のアクセス環境です。

わかば画像診断クリニックのコース・費用

わかば画像診断クリニックのおすすめポイント

わかば画像診断クリニックの脳ドックは、画像診断を専門とする医療施設として2台のMRI機器を用いて、「脳ドック(頭部MRI/A、頸動脈エコー)」などの名称で提供されています。検査コースの所要時間は約1時間。脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見を目指して、頭部MRI検査/頭部MRA検査に加え、頸動脈超音波(エコー)検査を実施します。

脳卒中には、血管がつまって発症する虚血性と、血管が破れて起きる出血性があります。虚血性の代表が脳梗塞、出血性の代表がくも膜下出血・脳内出血です。頭部MRI検査では主に脳梗塞を、頭部MRA検査はくも膜下出血を引き起こす未破裂脳動脈瘤を主に調べます。

さらに、虚血性・出血性両方の脳卒中リスクを高める要因に動脈硬化があります。とくに問題となるのは、心臓から脳へ血液を運ぶ頸動脈の動脈硬化です。その程度を調べることが、頸動脈エコー検査の役割です。

まとめ

この記事では神戸市で脳ドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために脳ドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

医療法人社団 王子会 神戸循環器クリニック 大倉山(兵庫県)駅:西出口1(エレベータ有)右、徒歩5分
充実な検査環境で、人にやさしい医療の提供に取り組んでいます

社会医療法人神鋼記念会 新神戸ドック健診クリニック 新神戸駅:徒歩2分
機能評価認定施設として、より良質な検査の提供を目指しています

わかば画像診断クリニック 高速神戸駅:西口徒歩1分、5番出口すぐ
鮮明で高画質な画像が撮影できる画像診断機器を装備しています

シェアする