人間ドック

山形県で人間ドックの受診、予約ができる5つの施設!おすすめポイントも掲載!

更新日: 公開日:
365view
シェアする

山形県で人間ドックや検診を考えている方で、検査費用や検査内容が分からない、電話して聞くのも手間がかかってしまい、後回しにしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?当然、仕事で忙しく、時間も取れないという方もいらっしゃいます。

こちらの記事では、そういった方でも簡単に予約や検査費用の確認をすることができるように、空き情報も合わせて医療機関を紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年4月時点のものです。(更新日2020年6月)

山形健康管理センター

山形健康管理センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:山形県山形市桧町4-8-30

アクセス:JR奥羽本線 北山形駅 車で5分

診療時間
07:45-14:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

山形健康管理センターについて

山形健康管理センターでは、「日本人間ドック学会」が推奨している検査項目を受診することができます。そのほか、独自の検査項目を追加して幅広い病気リスクの早期発見に力を入れています。

例えば、胸部CT検査を受診すると、初期状態で発見の難しいとされる初期の肺がんを見つけることにつながります。血液検査の腫瘍マーカー検査では、前立腺がんや卵巣がんなどの病気リスクを見つけることに役立ちます。このような項目も含まれているコースがあり、オプションとしても追加することができます。

また、女性であれば、女性専用コースとして「レディースドック」を受診することができます。人間ドックの検査項目にプラスして、女性特有の病気を検査できるコースです。乳がんや子宮頸がん、子宮頸がんの原因と言われている、HPVの検査ができます。

これらの婦人科検診「マンモグラフィ」「乳腺エコー」子宮頸部細胞診によって、実施しされています。担当は全て女性技師が対応してくれるので、あまり緊張せず検査を受けることができるでしょう。

CTやマンモグラフィなど、画像として確認する検査では、医師が2名体制で対応して、見落とし軽減に努めています。もしも、検査結果に問題があった場合は、直接連絡を入れてくれます。そして、希望者には、後日面談対応あるので、疑問点を解消したい方は、直接、結果の話を聞くといいでしょう。

山形健康管理センターのコース・費用

山形健康管理センターのおすすめポイント

山形健康管理センターは、企業から一般の方の病気リスクを検査する診専門施設です。疾患の早期発見・健康増進に重点をおいています。健診専門施設なので、病気やなにかしら症状の患者と接することがありません。そのため、院内感染の予防にもつながっています。

また、2018年1月にリニューアル工事をしていて、以前より快適でスムーズな検査が受けられるようなつくりになっています。それだけではなく、女性への配慮も感じられます。具体的には、女性専用エリアがある点です。

気持ち的に、異性がいることで検査に行くのをためらってしまうこともありますが、別のエリアになっているので、そういったストレスは軽減されます。検査着にも気を遣っていて、胸の部分の布を二重しています。

さらに、人間ドックやレディースドックを受診すると、お弁当を頂くことができます。午前中から検査を受ける場合、前日の規定時間以降から検査終了まで食事が出来ません。そういったところにも配慮を感じます。

そんな、山形健康管理センターは、土曜日も受診できます。仕事や家事、育児などで忙しい方でも検査を受けやすい環境です。

山本内科医院

山本内科医院
出典:EPARK人間ドック

所在地:山形県東根市中央4-5-24

アクセス:JR山形新幹線 さくらんぼ東根駅 タクシーで5分(徒歩20分)

診療時間
09:10-11:30
15:30-17:20

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

山本内科医院について

山本内科医院では、検査内容・検査費用面ともに受診者のことを考えた人間ドックコースを用意しています。スタンダードな人間ドックの基本コースは「日帰り人間ドック」です。主な検査項目として健康診断で受けるような、法的健診の検査項目に、胃の内視鏡検査や腹部・頸動脈のエコー検査が含まれています。

胃の内視鏡検査は、初期の胃がん発見にも有用ですし、頸動脈エコーは、頭部へ血液を運ぶ動脈の硬さを調べることができるので、脳卒中のリスクを調べ、予防につなげることができます。胃の内視鏡検査(胃カメラ)は経鼻方式(鼻からの胃カメラ)を採用していて、おう吐感の軽減ができるで、受診者の負担が少なくなります。

また、1度は受診を推奨しているのが「大腸がん健診」です。2014年の国立がん研究センターの情報では、がんの中で大腸がんが上位になっているので、それだけかかるリスクが高いと言えるからです。なので、大腸の内視鏡検査(大腸カメラ)が設定されていています。大腸がん・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎などを直接腸の中を観察して調べることができるので、初期の大腸がんの発見に役立ちます。

ただ、むやみにすすめることはなく、まず、便に血液が混じっていないか簡単に検査できる「便潛血検査」を受けて、陽性であれば大腸カメラ、もちろん、心配な場合は、はじめから大腸カメラの検査を受けることもできます。

これらの検査結果について、内視鏡やレントゲンなどの結果は、受診日当日に説明を受けることができます。検査結果の資料を見るだけと違い、医師に直接疑問の確認もできるのはメリットです。

また、血液検査は最短でも翌日に結果がわかります。もし、検査で問題が見つかった場合、再検査も可能で、。手術が必要な場合は「山形県立中央病院」や「北村山公立病院」への紹介もスムーズに対応してくれます。

山本内科医院のコース・費用

山本内科医院のおすすめポイント

山本内科医院は、地域生活者の健康サポート・健康寿命を延ばしていくためホームドクターとして、「人間ドックや検診による疾患リスクの早期発見と対応」必要に応じて、「大規模病院への橋わたし」をしています。

山本内科医院のある山形県東根市は、中年齢以降に高血圧が多い傾向にあります。また、食の欧米化や不自由のない食生活の影響によってコレステロール値の上昇や糖尿病、脂質異常症など、生活習慣の傾向があります。

たとえば、高血圧や脂質異常、糖尿病は、動脈硬化の原因になり、動脈硬化は脳卒中(脳梗塞・脳出血 など)を引き起こす恐れがあります。そういった背景もあり、病気リスクの早期発見を目的とする人間ドックを提供しています。

新庄徳洲会病院

新庄徳洲会病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:山形県新庄市大字鳥越字駒場4623

アクセス:JR奥羽本線 新庄駅 出口より車で10分

診療時間
09:00--

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

新庄徳洲会病院について

新庄徳洲会病院では、人間ドックの検査をスムーズに進められるようになっています。検査時間や待機時間など、スタッフ間での連携を強化することで、次の検査へと滞りなく移れるようにしているからです。なので、受診者への負担やストレスを軽減することにつながります。

全身をチェックできる、スタンダードな人間ドックは、胃の検査方法を胃バリウム検査か胃カメラ検査で選択することができます。胃カメラ検査にすることで料金が上がる医療機関もありますが、こちらは変わりません。初期の胃がんを発見するのに優れているのは、胃の中を直接見ることのできる胃カメラと言われているので、胃カメラが苦手でなければ胃カメラを選択するといいでしょう。

また、検査結果は、希望があれば医師との面談を予約することで直接説明してくれます。
検査の結果最終的に治療が必要になった場合は、ほかの連携している医療機関の紹介状を書いてくれます。

人間ドックや検診だけではなく、地域の公民館や学校で定期的に医療に関する講演を実施しています。医療知識や健康意識を持ってもらう目的です。色々なかたちで、新庄徳洲会病院は、地域医療を支えています。

新庄徳洲会病院のおすすめポイント

新庄徳洲会病院は、「①受診者にとって良い病院」「②地域の生活者にとって良い病院」「③働く職員にとって良い病院」の3つを目標に力を入れている医療機関です。

①と②は当然ですが、③に関しては、職員が良い病院と感じることができることで、受診者へのサービスや対応も良い方向になっていくからです。

また、病院内に設置している健康管理センターでは、通常の健康診断のほか「日帰り・一泊二日の人間ドックがあるので、検査の内容や生活に合わせて検査コース選択することができます。

人間ドックの受診で使用する検査スペースは、一般診療と共用になっていますが、緊急性の高い症状の方が入る場合を除いては、人間ドックの受診者を優先で、検査時間がかからないようになっています。

新庄徳洲会病院は、駅周辺から少し離れた場所にありますが、無料送迎バスを利用することができるほか、無料駐車場が300台分あるので、アクセス面での不都合が少なくなっています。周辺は緑にあふれ自然豊かになっているのでリラックスして検査を受けられるのではないでしょうか。

庄内余目病院

庄内余目病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:山形県庄内町松陽1-1-1

アクセス:JR羽越本線 余目駅 徒歩15分

診療時間
08:00-17:00
08:00-12:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

庄内余目病院について

庄内余目病院では、色々な病気リスクの早期発見につながる、検査機器や設備の導入に力を入れています。MRIや64列のマルチスライスCTなど、鮮明な断層画像を撮影することができる検査機器です。

MRIであれば、脳腫瘍や脳卒中(脳梗塞・未破裂脳動脈瘤)をCTなら、心臓の病気リスクを調べることができます。それだけではなく、超音波検査機器もあり、被ばくすることなくさまざまな部位の状態を確認できるので、受診者の負担軽減にもなります。

また、がんの中でもかかる率の高い消化器系がん(胃がん・大腸がんなど)の早期発見のために、内視鏡による検査をしています。胃に関しては経口(口から)内視鏡検査か経鼻(鼻から)内視鏡検査を選択可能です。おう吐反応や痛みへの不安がある方は、鎮痛剤の使用を選ぶことができます。

そして、宿泊ドックでは、大腸の検査を受けることができます。大腸内視鏡検査を使って、腸管内の状態を確認することで、大腸がんや腸閉塞、大腸ポリープといった病気のリスクをを調べます。

検査して問題がなければ終わりということではなく、健康で過ごしていくために生活習慣の改善が必要になる場合があります。庄内余目病院では、保健指導のスペースを用意し、アフターフォローや予防知識、健康に関しての意識の向上につながるアドバイスをしてくれるので、病気になりにくい生活スタイルを学ぶことができます。

庄内余目病院のコース・費用

庄内余目病院のおすすめポイント

庄内余目病院は、1993年から人間ドックや検診に取り組み、当時では珍しい内視鏡を取り入れるなど、予防医療を意識していました。今も、人間ドックを通じて病気の早期発見・早期治療を通して、地域住民の健やかな生活を守っています。

受診者のニーズに対応するため、検査コースは基本の「日帰りドック」や検査項目が充実している「宿泊ドック」があります。さらに、忙しい方向けになるべく時間をかけず全身チェックができる「半日ドック」もあり、選択肢が充実しています。

検査コースだけではなく、施設内の環境づくりもニーズを意識しています。他とスペースとは分けて広々とした健診専用エリアが設けられているので、、騒がしい雰囲気や院内感染を気にせず、待機時間も過ごすことができます。。宿泊ドックについては、院内での宿泊になるので、宿泊施設に移動するというような面倒がありません。

そんな庄内余目病院は、余目駅から歩いて15分、無料駐車場も150台分あるので、アクセスに関しても大きな問題はなく、また、平日仕事で忙しい方でも受診しやすい土曜も検査を受けることができます。

山形健診センター

山形健診センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:山形県山形市西崎49-6

アクセス:JR奥羽本線 山形駅 西口より車で10分

診療時間
08:00-11:00
13:00--

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

山形健診センターについて

山形健診センターは、より多くの方に人間ドックを受診をしてほしいと考えています。食塩の摂取量が全国平均値より高いため、生活習慣病のリスクが隠れている恐れがあるからです。

罹患率の高い高血圧をはじめ、脂質異常症・肺がんなどのリスクは、特に注意するべきことなので、全身の健康チェックと個別の病気のリスクを調べることは重要です。そこで、色々な病気リスクを調べれらるような、「スタンダード人間ドック」「日帰りCT・人間ドック」などの検査コースが用意されています。

主な検査項目である、健康診断で受けるような、法定健診項目を含んだものに加えて、「呼吸機能検査」「胸部エックス線検査」「上部消化管X線検査(胃バリウム)」「腹部エコー検査」「安静時心電図検査」「便潜血反応検査」など、心臓や肺、胃、大腸関係の病気リスクを調べる検査です。

また、男女関係なくかかる恐れのある病気だけではなく、女性特有の病気リスクの検査として、乳がん検査・子宮頸がん検査・婦人科検査・レディースドックも実施しています。女性のがんの部位別罹患数は乳がんが多く、また、子宮頸がんも20~30代で増加傾向にあるので、若い年齢から定期的に受診することが大切な検査項目です。

そのため、少しでも女性の受診率が上がるようにと、「レディースデイ」が設定されています。なお、検査技師は女性なので、対異性により感じる検査とは違う緊張やストレスが軽減されます。

山形健診センターのコース・費用

山形健診センターのおすすめポイント

山形健診センターは、働く人とその家族など、地域住民の健康保持、増進を目的に人間ドックを提供している施設です。それと同時に、早い段階で生活習慣病のリスクを発見し、対応することによって病気の症状進行を防ぐことに力を入れています。

特に、山形県は、食塩の摂取量が全国より高いといわれているので、高血圧や高血圧性の病気の危険性が隠れてるともいえます。高血圧は、動脈を硬くしてしまう動脈硬化につながり、動脈硬化は脳卒中(脳卒中・脳出血)の原因の1つなので、検査をして身体の状況を把握しておくことが大切です。

山形健診センターでは、頸動脈の状態を検査できる、頸動脈エコーの入っている検査コースもあるので状況に応じた検査選択が重要です。

また、35歳以上で喫煙・飲酒歴が長いと肺がんのリスクがあります。肺がんは、自覚症状がほとんどないことから、進行した状態で見つかることが多い病気です。健康診断で胸部エックス線検査を受けている方もいますが、初期の肺がんの発見は難しいとされています。

こちらでは、初期は胃がんリスクの発見に役立つ胸部CT検査を受診することができるので、喫煙者や飲酒の多い方にはおすすめです。

まとめ

山形県で人間ドックの受診ができる「山形健康管理センター」「山形健診センター」「山本内科医院」「新庄徳洲会病院」「庄内余目病院」の5つ医療機関を紹介しました。検査内容すべてが同じではないので費用についても違いはありますが、2万円台~5万円台程で受診することができます。人間ドックを受診する医療機関で迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

また、病気を発症してから手術、通院となると、お金がかかってしまうケースもあります。ただ、早期発見・早期治療することができれば、疾患が良化する可能性も上がり、費用の支払が大きくなることを防げるかもしれません。健康寿命を延ばすためにも人間ドックを受診しましょう。

この記事で紹介した医療施設一覧

山形健康管理センター 北山形駅:車で5分
食生活が気になる方や、健康を維持・管理したい方に人間ドックの受診を推奨

山本内科医院 さくらんぼ東根駅:タクシーで5分(徒歩20分)
近隣の方にも気軽に利用してもらいやすい環境

新庄徳洲会病院 新庄駅:出口より車で10分
地域の皆さんの力になるために、さまざまな検診をご用意しております

庄内余目病院 余目駅:徒歩15分
受診者の健やかな生活を支える医療の提供を心がけています

山形健診センター 山形駅:西口より車で10分
35歳以上、喫煙・飲酒歴が長い、または食塩の摂取量が多い人にこそ受診を推奨

シェアする