脳ドック

豊島区で脳ドック提供の5施設!おすすめポイント紹介

更新日: 公開日:
297view
シェアする

豊島区で脳ドックを受けられる施設はないかな…?と思われている方々に、東京都豊島区で『脳ドック』を受診できる施設をご紹介します。脳血管疾患は高血圧や高脂血症が原因で引き起こす恐れがあります。

また、言語障害や手足の麻痺が残り、リハビリを余儀なくされることもあります。そして、初期症状がなく突然発症してしまうケースも少なくありません。そのため、健康であってもリスクチェックすることは重要です。

この記事では、豊島区で『脳ドック』を提供している施設を紹介しています。ぜひ、参考にして下さい。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2018年6月時点のものです。(更新日2019年10月)

目白整形外科内科

目白整形外科内科
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都豊島区目白2-38-2

アクセス:JR山手線内回り 目白駅 徒歩1分

診療時間
09:00-12:00
14:30-18:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

目白整形外科内科について

image1
出典:EPARK人間ドック

目白整形外科内科は、豊島区の目白駅から徒歩1分の場所にあります。リハビリでの通院も考慮して、この土地に開院したそうです。

治療だけではなく予防医療として、脳ドックや頸椎ドックの提供もしています。健康に過ごしていくためには、病気の早期発見が大切だからです。

中でも、脳ドックには力を入れています。生活習慣病の一つとして挙げられる脳血管疾患は日本人に多いからです。死亡数の多い病気としても知られています。

目白整形外科内科のコース・費用

目白整形外科内科のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

また、後遺症を残してしまうことも少なくないので、早期発見が重要になってきます。

脳ドックでは、MRI・MRAを使用して検査を行います。MRI・MRAはドーナツ型の機器の上で横になっているだけなので、体にかかる負担も少ないです。

頭部のMRI・MRA検査では、脳梗塞や脳萎縮、脳腫瘍、動脈瘤の有無、血管の狭窄などの早期発見に役立ちます。

検査結果は後日、画像結果レポート、CD-ROMが郵送されてきます。

総合健診センターヘルチェック 池袋センター

総合健診センターヘルチェック 池袋センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都豊島区東池袋1-25-8タカセビル1F・2F

アクセス:JR山手線内回り 池袋駅 東口から徒歩5分

診療時間
08:20-14:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

総合健診センターヘルチェック 池袋センターについて

image1
出典:EPARK人間ドック

総合健診センターヘルチェック 池袋センターは、池袋駅から徒歩5分の場所にある、検診専用の施設です。

日曜日を除くと、平日、土曜、祝日と受診可能なので、普段忙しい方も受診しやすい環境です。

総合健診センターヘルチェック 池袋センターのコース・費用

総合健診センターヘルチェック 池袋センターのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

また、男女別のフロアを設けています。男女ともにリラックスして検査を受けられるようにです。

男性人間ドック、女性人間ドックなど性別に合わせて設定されている検査コースや脳ドックのように部位の検査も可能です。

特に脳ドックは、受けてみてもいいかもしれません。企業で受ける健康診断では、脳の検査は入っていないからです。

生活習慣病のリスクは調べられますが、脳腫瘍や脳梗塞などは分かりません。また、脳梗塞などの脳血管疾患は、がんや心臓病と並ぶ生活習慣病です。

患ってしまうと、後遺症やリハビリが必要になることも少なくありません。ですので、脳を検査することは重要になります。

アーバンハイツクリニック

アーバンハイツクリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都豊島区巣鴨1-16-2アーバンハイツ巣鴨B棟1階

アクセス:JR山手線外回り 巣鴨駅 南口から徒歩2分

診療時間
09:00-13:00
14:00-18:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

アーバンハイツクリニックについて

image1
出典:EPARK人間ドック

アーバンハイツクリニックは、巣鴨駅から徒歩2分の場所にあります。生活習慣病の予防に力を入れている施設です。生活習慣病の予防に注力しているのは、健康な生活を送ってほしいという願いからです。

そのため、人間ドックやメンズドック、レディースドック、脳ドックとさまざまな検査コースを設定しています。

生活習慣病といえば、がん、心臓疾患、脳血管疾患です。特に、脳梗塞や脳血管疾患になると後遺症がでることも少なくありません。リハビリがあり、社会復帰するのにも時間がかかることもあります。

ただ、がんや心臓病なども怖い病気に変わりはないので、脳ドックを含めた人間ドックを受けるといいでしょう。

アーバンハイツクリニックのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

また、頭部のチェックは、ヘルカリCTで行います。CTは、ドーナツ型の大きな機器です。受診者は、CTの台に横になっているだけです。頭部の周りをエックス線で撮影して得た画像をもとに診断をします。

検査では、脳腫瘍の場所や大きさ、良性か悪性か、脳血管疾患(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)をチェックすることができます。

検査結果は、2週間前後で郵送されてきます。もし仮に、検査結果が思わしくない場合も、フォローができる体制です。数多くの病院や施設と提携しているので紹介が可能なのです。

昭和大学病院、順天堂大学病院、東京大学付属病院、東京医科歯科大学付属病院、東邦大学付属大森病院、国立がんセンター、東京女子医大病院、日本医科大学病院、日本大学板橋病院、帝京大学病院、慶應義塾大学病院などの医療機関があります。

長汐病院

長汐病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都豊島区池袋1-5-8

アクセス:JR山手線内回り 池袋駅 北口(A20)から、徒歩5分

診療時間
08:30-16:00
08:30-11:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

長汐病院について

image1
出典:EPARK人間ドック

長汐病院は、池袋周辺エリアの地域医療を担っていきたいと考えている施設です。その中の1つの取り組みとして予防医療に力を入れています。

そのために、全身をチェックする人間ドックをはじめ、脳ドック、メンズドックなど、さまざまな検査コースを準備しています。

幅広く検査を行うには、それにともなって検査機器を充実させなくてはなりません。CTやMRI、マンモグラフィなど多種多様な設備を準備して、幅広い検査を可能にしています。

特に、脳ドックに力を入れています。脳血管疾患は日本人の死因の上位を占めているからです。脳血管疾患のリスクとなる生活習慣病は若年でも起こりうるケースがあります。

そのため長汐病院では、年代に関係なく定期的な脳ドックの受診を推奨(おすすめ)しています。

長汐病院のコース・費用

長汐病院のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

検査方法は、MRI・MRAと超音波による検査です。MRI・MRAはドーナツ型の機器の上で横になっているだけでいいので、体への大きな負担はありません。超音波検査も同様で機器の一部を頸部に当てるだけです。

これで、脳腫瘍や脳動脈瘤、脳梗塞や動脈硬化のリスクを調べることができます。検査結果は、後日郵送と希望者は後日面談が可能です。

長汐病院の脳ドックコースには、脳の検査のほかに、一般的な健康診断のような検査も含まれています。

医療法人社団 久福会 関野病院

医療法人社団 久福会 関野病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都豊島区池袋3-28‐3

アクセス:JR山手線内回り 池袋駅 西口C-6番出口より徒歩10分

診療時間
09:00-17:00
09:00-12:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

医療法人社団 久福会 関野病院について

image1
出典:EPARK人間ドック

関野病院は、豊島区の閑静な住宅街の中に位置する施設です。一般健康診断をはじめ、人間ドック、脳ドックなどさまざまな対応が可能です。

設備や臨床検査室(生理機能検査と検体検査を行うための部屋)があるためです。

生理機能検査は、心電図や超音波エコーなどの受診者に直接接して行う検査。検体検査は、血液検査や尿検査など検体を確認する検査です。

また、脳ドックにも力を入れています。脳出血や脳梗塞などを含む脳血管疾患は、日本人の死因でも上位を占めているので、早期発見が重要だからです。

検査方法は、CT検査と、頸部超音波検査で、頭部や頸部をチェックします。

CTはドーナツ型の機器の上に横たわっているだけで負担も少ないです。時間にして10分~20分程度で終了します。

医療法人社団 久福会 関野病院のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

また、頸部超音波も機械を当てるだけなので負担はありません。

CTでは、主に、脳出血や脳梗塞、動脈瘤などの有無を確認します。頸動脈超音波検査にて血液の流れをみていき、ABI(血管年齢を図る)にて動脈硬化の進行を確認します。

これらの検査を受けることで、自身の状態を把握することができます。

結果については、当日の結果説明、後日資料の郵送があります。仮に、検査結果が思わしくない場合も医師と臨床検査技師との連携によって、スムーズに精密検査、治療に進むことができます。

また、別の大学病院などの紹介も可能です。いくつかの病院と提携を結んでいるからです。

 

まとめ

この記事では豊島区で脳ドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために脳ドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

目白整形外科内科 目白駅:徒歩1分
地域のホームドクターとしての役割を担います

総合健診センターヘルチェック 池袋センター 池袋駅:東口から徒歩5分
男女別フロアを用意。心のかよう健康診断に取り組む、「池袋駅」近くの健診施設です。

アーバンハイツクリニック 巣鴨駅:南口から徒歩2分
何でも相談できる「身近なクリニック」を目指して

長汐病院 池袋駅:北口(A20)から、徒歩5分
重大な疾患を未然に防ぐため、年代問わず人間ドックの受診を推奨

医療法人社団 久福会 関野病院 池袋駅:西口C-6番出口より徒歩10分
関野病院は愛情と思いやりあふれる診療施設を目指しています

シェアする