大腸がん検診

栃木市で大腸がん検診を受診できる医療機関!おすすめポイント紹介

更新日: 公開日:
11view
シェアする

栃木市で大腸がん検診を受診できる医療機関の情報です。大腸がんや大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎などのリスクを調べる検査コースです。死因上位のがんの中でも大腸がんは罹患数(がんと診断される人数)、死亡数で上位にあります。女性だけに限れば死亡数で昨今は増加傾向が指摘されています。

この記事では、栃木県栃木市で大腸がん検診を提供している医療機関を紹介しています。大腸がん検診の定期受診は、大腸がんを中心とする大腸関連の病気を早期に発見するために大切です。検査内容や受診費用、おすすめポイントなどをまとめていますのでぜひ参考にしてください。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年10月時点のものです。(更新日2019年11月)

大平ファミリークリニック

大平ファミリークリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:栃木県栃木市大平町富田5‐229

アクセス:東武日光線 新大平下駅 東口から徒歩7分

診療時間
08:30-12:30
14:30-18:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

大平ファミリークリニックについて

大平ファミリークリニックは、名称が示すとおり「ファミリー(子供から両親、祖父母まで)みんなが安心できる」医療機関を目指しています。そして、内科や小児科などの診療を通じて「みんなの健康を守る」ことを掲げて、大腸がん検診を含む各種人間ドックを提供しています。

大腸がん検診では、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を実施します。肛門からファイバー状の内視鏡をそう入し、大腸の粘膜の状態を直接観察(それに先立って下剤服用があります)します。そして、大腸がんや大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎などのリスクを調べます。アクセスは、東武鉄道「新大平下駅」東口から徒歩7分。駐車場も備えています。

大平ファミリークリニックのコース・費用

大平ファミリークリニックのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

血管・構造の画像が強調される技術を導入した大腸カメラ
大腸がん検診に用いる大腸カメラ(内視鏡)には「狭帯域光法」という技術が導入されています。これは画像強調観察とも呼ばれ、大腸の粘膜の血管や表面構造が強調された検査画像を得ることができます。

 

 

所要時間1時間・受診当日に結果説明・土曜日受診に対応
大腸カメラを用いる大腸がん検診の受付から会計までの所要時間は1時間が標準です。そのうち、大腸カメラによって観察している時間そのものは、10~30分ほどです。また、受診当日に検査結果を無料で説明しているほか、土曜日の受診にも対応しています。

まとめ

この記事では、栃木市で大腸がん検診を提供している医療機関を紹介しました。立地や日時、希望する検査項目や受診費用などに合わせて検討してみてはいかがでしょうか。自分に合っていると思われる医療機関と検査コースを選んで受診することは、たとえ時間と費用をかけても損にはなりません。

なぜなら大腸がん検診の受診は、大腸がんリスクを確認するとともに、大腸の健康について考えるよい機会ともなるためです。大腸がんは、食生活の欧米化(高脂肪・低繊維食)が大きく関係していると指摘されていて、今後も増加傾向が続くとみられています。この記事に掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

大平ファミリークリニック 新大平下駅:東口から徒歩7分
早期がんの発見に当医院の設備が不可欠な理由

シェアする