脳ドック

さいたま市で脳ドックが受けられる3つの医療施設|おすすめポイント紹介

更新日: 公開日:
88view
シェアする

さいたま市内で「脳ドック」を受診できる医療機関はないかな…? 脳腫瘍や脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血)などが心配で脳ドックの受診を考えても、脳ドックを提供している医療機関が見つけられないことも少なくありません。また、検査費用、検査内容、予約など考えることも多くあります。

こちらの掲載ページでは、さいたま市で脳ドックが受けられる医療機関をまとめています。医療機関の検査内容や検査費用、特徴、おすすめポイントも掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年4月時点のものです。(更新日2019年9月)

メディカルスキャニング大宮

メディカルスキャニング大宮
出典:EPARK人間ドック

所在地:埼玉県さいたま市大宮区大門町1-61-3大宮大門一丁目第2別館

アクセス:東武アーバンパークライン(大宮-柏) 大宮(埼玉県)駅 東口より、徒歩2分

診療時間
08:30-19:00
09:00-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

メディカルスキャニング大宮について

メディカルスキャニング大宮は、脳腫瘍や脳卒中リスクを調べる検査コースをいくつも提供しています。「脳MRI・MRA」による画像検査が中心です。MRI・MRAは、脳の形や脳血管を撮影して画像化することができます。脳腫瘍や脳卒中を調べることができます。

また、「頚動脈MRA」を追加したコースがあります。「頚動脈MRA」は、くびの左右にあり頭部に血を送る太い動脈を画像化して確認します。動脈硬化、血管収縮などの脳血管疾患リスクがあるか調べることができます。

メディカルスキャニング大宮のコース・費用

メディカルスキャニング大宮のおすすめポイント

検査画像は「日本医学放射線学会認定 放射線科専門医」がチェックをしています。画像診断に特化した医師が確認してくれるのは、見落とし、見逃しのリスクが少なくなるので頼りになります。

さらに、撮影画像は、同じメディカルスキャニング24施設とネットワーク共有しているので、別の施設でも確認できます。1度受診した方がほかの地域で受診した場合に、過去の検査データと比較し変化を確認できるようにするためです。

新都心むさしのクリニック

新都心むさしのクリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:埼玉県さいたま市大宮区北袋町2-389-1

アクセス:JR京浜東北線 さいたま新都心駅 東口から、バスで5分

診療時間
09:00-12:30
14:30-17:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

新都心むさしのクリニックについて

都心むさしのクリニックでは、脳ドックに力を入れています。脳血管疾患は、自覚症状が少なく発症してからリスクがあったと分かることがあるので、危険性を認識できるようにするためにも「予防」が重要となるからです。

家族に脳血管疾患の既往歴がある方がいる、高血圧、高脂血症など、生活習慣病リスクの高い方は、

こちらでは、「基本脳コース」「脳・血管コース」「総合コース」の3つのコースが準備されています。各コース検査時間や検査費用が違うので、どの程度まで調べておきたいかで選択できるようにするためです。

共通の検査項目は、「頭部MRI」「頭部MRA」「頚部MRA」です。MRI・MRAは、脳血管を撮影して画像化したものを確認することで脳梗塞、未破裂脳動脈瘤などの脳血管疾患リスクの発見に役立ちます。

新都心むさしのクリニックのコース・費用

新都心むさしのクリニックのおすすめポイント

そして、「頚部MRA」検査は、脳に血液を送る大動脈の撮影をします。大動脈の状態を確認することで、血管の収縮、血管の詰まりを調べることができます。

また、「脳・血管コース」には、「頸動脈超音波エコー検査」が含まれています。「頸動脈超音波エコー検査」は動脈硬化が原因となる心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離といった疾患を発見できます。なお、超音波による検査ですので、放射線による被ばくがなくお身体の負担軽減にもつながります。

さらに「総合コース」では、「心電図・血液検査」がプラスされています。そのため、多角的に脳血管疾患リスクを調べることができます。

秋葉病院

秋葉病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:埼玉県さいたま市南区根岸5-13-10

アクセス:JR武蔵野線 武蔵浦和駅 徒歩13分

診療時間
09:00-11:30
14:00-16:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

秋葉病院について

秋葉病院は、脳ドックを中心として地域医療に貢献している医療機関です。脳卒中は発症してしまうと、後遺症が残るケースが少なくないため、自発的に検査を受けることをすすめています。

「脳ドックA」「脳ドックB」「脳ドックC」と3つのコースがあります。Aコースは、58歳、Bコースは、41歳、Cコースは、47歳の平均年齢の方受診している傾向にあるようなので、参考にするといいでしょう。特にAコースは、会社から補助があることもあるそうで、経済的側面から受診者が多い傾向のようです。

秋葉病院のコース・費用

秋葉病院のおすすめポイント

共通検査項目として、「頭部MRI検査」「頭部MRA検査」「頚部MRA検査」の3つがあります。まず、頭部MRI検査は、脳のスライス画像を撮影することで、脳腫瘍や脳梗塞の発見に役立ちます。

そして、頭部MRA検査では、脳血管を画像化して、くも膜下出血や未破裂脳動脈など脳血管疾患リスク確認します。また、頚部MRA検査は、脳卒中の原因と言われる動脈硬化を調べることができます。

これらの検査項目のほかに「脳ドックBコース」では心電図検査、「脳ドックCコース」では頸動脈エコーなどが含まれています。心電図検査は、心原性脳塞栓症の原因となりえる不整脈や心臓肥大を、頸動脈エコーでは、首あたりの動脈を超音波で調べて動脈硬化の程度を確認します。

画像診断に関しては当日中に結果を教えてくれるので、疑問がある場合は質門をして、疑問解消につなげるといいでしょう。総合的な結果報告書は、3週間ほどで届きます。

まとめ

この記事ではさいたま市で脳ドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために脳ドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

メディカルスキャニング大宮 大宮(埼玉県)駅:東口より、徒歩2分
MRI・CTによる画像検査と診断の機会を東京・神奈川・埼玉の27カ所で提供

新都心むさしのクリニック さいたま新都心駅:東口から、バスで5分
健康で長く働くためにも疾患の早期発見・早期対応が重要

秋葉病院 武蔵浦和駅:徒歩13分
「予防医学」の実践は、夢を実現する大切な手段

シェアする