脳ドック

水戸市で脳ドックを受診できる医療機関!おすすめポイント紹介

公開日:
14view
シェアする

水戸市で脳ドックを受診したいと思い、医療機関を探している人向けの情報をお届けします。申し込み方法は? どんな検査があるの? 受診費用はいくら? そもそも近くに脳ドックを実施している医療機関があるの? そうした疑問の解消に役立つ情報です。

この記事では、茨城県水戸市で脳ドックを提供し、脳血管疾患(脳卒中)に対する予防医療を実践している医療機関を紹介しています。脳卒中は、がん・心臓病とならぶ3大死因のひとつです。前触れなしに突然発症して、後遺症や寝たきりの原因となるケースも少なくありません。脳ドックの定期受診はそうした事態の予防に役立ちます。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年10月時点のものです。

大久保病院

大久保病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:茨城県水戸市石川4-4040-32

アクセス:JR常磐線 水戸駅 車で15分

診療時間
09:00-12:00
13:30-18:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

大久保病院について

大久保病院は、脳神経外科や内科を診療科に備える総合病院です。水戸市で開設した1982年以来、「地域に根ざした医療機関であり続けること」を重視し、予防医療の一環として脳ドックを提供しています。目標は、脳卒中を発症する前の段階でとらえ、対処することです。

とりわけ、「近親者に脳卒中の罹患者がいる人」「日常的にストレスを感じている人」「現在の脳の状態を知りたい人」などに受診を推奨しています。検査コースにはAコース、Bコースがありますが、いずれも主な検査項目は頭部MRI(磁気共鳴画像撮影)検査/頭部MRA(磁気共鳴血管撮影)検査です。

大久保病院のコース・費用

大久保病院のおすすめポイント

オプションの頸動脈MRA検査は前段階リスクを検査
「脳ドック」の有料オプション検査として、頸動脈(頸部)MRA検査が設定されています。頸動脈の動脈硬化の程度を調べ、脳卒中の前段階リスクをとらえる役割があります。頸動脈は、心臓から脳に血液を送る主要な血管です。

 

赤塚駅・水戸駅からタクシー・バスでアクセス/駐車場も設置
アクセスは、JR「赤塚駅」からタクシーなどで3~5分、バスで10分(距離約1.6キロ)。また、特急停車駅のJR「水戸駅」からはタクシーで約15分、バスで20分です。自動車で来院する人向けに、200台分の無料駐車場も設置されています。

まとめ

この記事では、水戸市で脳ドックを提供している医療機関を紹介しました。脳ドックの定期受診による脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見は、ある日突然発症して生命に危険をおよぼす事態や、寝たきりの予防に大きな役割をはたします。

特に脳卒中の発症リスクを高める動脈硬化、そして動脈硬化を加速させる生活習慣病の進行には、ふだんの食事の乱れ・運動不足が大きくかかわってきます。つまり脳ドックを受診することは、日常の生活習慣を見直すきっかけともなるのです。だからこそ、脳ドックの受診をおすすめします。掲載されている情報を参考に、ぜひ医療機関に予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

シェアする