メンズドック

横浜市でメンズドックが受けられる8施設!おすすめポイントを紹介

更新日: 公開日:
71view
シェアする

男性特有のがんであり、近年は増加傾向が続く前立腺がん。そのリスクを調べる「メンズドック」が注目されています。前立腺は、尿道のまわりを取り囲む臓器です。男性にとってはデリケートゾーンであり、ひとりで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな人にこそ受診をおすすめします。

こちらの記事では、日本有数の港町であり文化の発信地でもある横浜市で、メンズドックを提供している医療施設を紹介します。

横浜日吉健診センター MEDOC

横浜日吉健診センター MEDOC
出典:EPARK人間ドック

所在地:神奈川県横浜市港北区日吉2-9-3

アクセス:東急東横線 日吉(神奈川県)駅 徒歩3分

診療時間
08:30-17:30
08:30-12:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

横浜日吉健診センター MEDOCについて

image1
出典:EPARK人間ドック

横浜日吉健診センターMEDOCのメンズドックには、2つの検査コースがあります。「プレミアム人間ドック(男性)」「メンズドック(前立腺検査付)」です。いずれも、前立腺がんリスクを調べる血液検査の腫瘍マーカー検査を実施し、PSA(前立腺特異抗原)をチェックします。

加えて「メンズドック(前立腺検査付)」では、前立腺超音波(エコー)検査も実施します。これは、肛門から棒状の超音波探子(プローブ)を直腸にそう入し、前立腺の内部を画像化することによって観察する検査項目です。2つの検査項目によって前立腺がんを調べる点が特徴です。

横浜日吉健診センター MEDOCのコース・費用

横浜日吉健診センター MEDOCのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

上記2コースとも、全身の健康状態をチェックし、生活習慣病をはじめ各種の疾患リスクを調べる検査項目が設定されています。胸部X線(レントゲン)検査、上部消化管X線検査(胃透視)、腹部エコー検査、安静時心電図検査などがそうした役割を担います。

横浜日吉健診センターMEDOCは、横浜市港北区日吉2丁目の丘陵地にできた住宅街に立地し、東急東横線・横浜市営地下鉄「日吉駅」から徒歩3分のアクセス環境です。とくに、前立腺がんを重点的に調べてほしい人の受診はおすすめです。

総合健診センターヘルチェック 横浜西口センター

総合健診センターヘルチェック 横浜西口センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:神奈川県横浜市西区北幸1-11-15横浜STビル3階

アクセス:JR東海道本線(東京-熱海) 横浜駅 西口より徒歩6分

診療時間
08:20-14:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

総合健診センターヘルチェック 横浜西口センターについて

image1
出典:EPARK人間ドック

総合健診センターヘルチェック 横浜西口センターのメンズドックは、男性特有のがんである前立腺がんのリスクを、腫瘍マーカー検査、前立腺超音波(エコー)検査という2つの検査項目によって調べることが特徴です。検査コース名称は「【直近予約価格】男性プレミアム人間ドック(前立腺検査+血液検査でトータル健診)」です。

腫瘍マーカー検査は、がんに関する血液検査のひとつで、スクリーニング検査として使用されています。がんから産生される特殊なたんぱく質・酵素などを腫瘍マーカーと呼びますが、前立腺がんに罹患した人の血液中では、PSA(前立腺特異抗原)と呼ばれる物質が増加します。そのため、PSAの様子を調べることが役立つのです。

総合健診センターヘルチェック 横浜西口センターのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

前立腺エコー検査は、超音波を発生する棒状の探子(プローブ)を肛門から直腸にそう入することによって前立腺の内部を画像化し、前立腺がんについて調べます。

総合健診センターヘルチェック 横浜西口センターのメンズドックは、全身の健康状態の基礎データを示す血液検査も実施します。アクセス環境は「横浜駅」西口から徒歩6分。横浜市の中心街で展開されるメンズドックです。

うしおだ診療所

うしおだ診療所
出典:EPARK人間ドック

所在地:神奈川県横浜市鶴見区本町通1-16-1

アクセス:JR京浜東北線 鶴見駅 西口から徒歩10分

診療時間
09:00-12:00
14:00-16:30
17:30-19:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

うしおだ診療所について

image1
出典:EPARK人間ドック

うしおだ診療所のメンズドックは、全身の健康チェックを通じて生活習慣病や各種疾患リスクを調べるスタンダードな人間ドックに、前立腺がんリスクを調べる腫瘍マーカー検査が追加されていることが特徴です。

うしおだ診療所のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

前立腺は男性特有の臓器であるため、前立腺がんは男性特有のがんです。厚生労働省の『人口動態統計(2017)』によると、男性の部位別の罹患数(がんと診断される人数)では、胃がん、肺がん、大腸がんに次ぐ4位であり、今後はさらに順位が上位になる可能性が高いと医療関係者の間ではみられています。

そうした現状を考えると、男性にとって前立腺がんに関する検査を受診することは重要です。うしおだ診療所は、横浜市鶴見区本町通り1丁目にあり、最寄り駅はJR「鶴見駅」から徒歩10分、京浜急行「鶴見駅」から徒歩8分です。しかも、最寄り駅とうしおだ診療所をつなぐシャトルバスも運行されています。

そうしたアクセス環境は、前立腺がん検診を受診する機会を得やすい条件下にあるといえるでしょう。うしおだ診療所は、「【男性限定】メンズドック*前立腺がん検査付き*」という名称でメンズドックを展開しています。

船員保険健康管理センター

船員保険健康管理センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:神奈川県横浜市保土ケ谷区釜台町43-2

アクセス:JR横浜線 横浜駅 西口よりバスで20分

診療時間
07:30-10:30
13:00-13:20

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

船員保険健康管理センターについて

image1
出典:EPARK人間ドック

船員保険健康管理センターのメンズドックは、基本的な健康状態をチェックするとともに、男性特有の前立腺がんリスクを調べることを希望する人の受診が推奨されています。胸部X線(レントゲン)検査や上部消化管X線検査(胃透視)、安静時心電図検査などとともに、前立腺がんを調べる腫瘍マーカー検査(血液検査)が設定されています。

船員保険健康管理センターのコース・費用

船員保険健康管理センターのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

前立腺は尿道のまわりを取り囲む臓器で、男性特有のものです。そして、前立腺がんを発症すると初期状態であっても、血液中のPSA(前立腺特異抗原)が増えるため、血液の成分を分析してその様子をとらえることが、腫瘍マーカー検査の目的です。

船員保険健康管理センターへのアクセスは、横浜駅からバスで20分もしくは相模鉄道「上星川駅」より徒歩15分。横浜市保土ヶ谷区釜台町の地にあって、「人間ドックをまだ受診したことがない人にもおすすめ」をモットーに、メンズドックを展開しています。前立腺がんとともに全身の健康チェックを実施する特徴は、そうしたモットーが反映されているといえます。

名称は「【◇男性フルコース◇】メンズドックコース」です。

総合健診センターヘルチェック 横浜東口センター

総合健診センターヘルチェック 横浜東口センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:神奈川県横浜市神奈川区金港町6-20善仁会金港町ビル2F

アクセス:JR東海道本線(東京-熱海) 横浜駅 きた東口A出口から徒歩3分

診療時間
08:20-14:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

総合健診センターヘルチェック 横浜東口センターについて

image1
出典:EPARK人間ドック

総合健診センターヘルチェック 横浜東口センターのメンズドックは、男性特有の前立腺がんリスクを調べる前立腺がん検診(腫瘍マーカー検査、前立腺超音波検査)にプラスして、脳血管疾患(脳卒中)を調べる脳ドック、そして全身の健康状態をスクリーニングする基本的な人間ドックの性格を兼ね備えていることが特徴です。

そして、「横浜駅」東口から徒歩3分のアクセスと、受診機会を得やすい環境にあるといえます。

総合健診センターヘルチェック 横浜東口センターのコース・費用

総合健診センターヘルチェック 横浜東口センターのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

メンズドックの名称は「【直近予約価格】◆男性◆プレミアム人間ドック」。腫瘍マーカー検査は、前立腺がん罹患の指標となるPSA(前立腺特異抗原)をチェックする血液検査です。また、前立腺エコー検査は、肛門から超音波を発生する棒状の探子(プローブ)を直腸にそう入することによって前立腺の内部を観察する検査項目です。

さらに、頭部MRI/MRA検査、頸部MRA検査によって動脈硬化の程度を含む脳卒中の発症リスクを、また、胸部超音波(心エコー)検査によって、心臓病リスクも調べます。もちろん、一般的な法定健診の検査項目に含まれる胸部X線(レントゲン)検査や安静時心電図検査なども設定されています。

総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜

総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜
出典:EPARK人間ドック

所在地:神奈川県横浜市西区高島2-7-1ファーストプレイス横浜6F

アクセス:JR東海道本線(東京-熱海) 横浜駅 東口から徒歩4分

診療時間
08:20-14:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜について

image1
出典:EPARK人間ドック

総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜のメンズドックは、男性受診者向け検査コースとしての前立腺がん検診に、全身の健康をチェックする一般的な人間ドックおよび肺がん検診がセットになっていることが特徴といえます。名称は「【直近予約価格】プレミアムメンズドック」です。

前立腺がんは男性特有のがんです。そのリスクを調べるために、血液検査の一種である腫瘍マーカ―検査と、前立腺超音波(エコー)検査が検査項目に設定されています。前立腺がんの罹患によって血液中に増えるPSA(前立腺特異抗原)をチェックし、尿道の周りを囲む位置にある臓器である前立腺内部の様子は、前立腺エコー検査によって観察するのです。

総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜のコース・費用

総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

肺がんリスクを調べるために胸部CT検査も実施します。生活習慣病(高血圧、脂質異常症など)予防の指標となる内臓脂肪面積を内臓脂肪CT検査で計測します。

昨今、前立腺がんは増加傾向が指摘されています。それとともに、全身をチェックして生活習慣病をはじめ、(前立腺以外の)がんや心臓病、脳卒中なども調べる検査コースは、とくに健康状態が気になる男性の需要に適合しています。

湘南健診クリニック ココットさくら館

湘南健診クリニック ココットさくら館
出典:EPARK人間ドック

所在地:神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7ヒューリックみなとみらい13F

アクセス:JR根岸線 桜木町駅 北改札東口から、徒歩1分

診療時間
08:30-12:00
13:00-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

湘南健診クリニック ココットさくら館について

image1
出典:EPARK人間ドック

湘南健診クリニック ココットさくら館のメンズドックは、「メンズプレミアムドック(胃カメラ・各種CT検査付き)」という名称で提供されています。腫瘍マーカー検査と呼ばれる血液検査によって、前立腺がんリスクを調べます。

がんに罹患すると、臓器によって特定のたんぱく質・酵素などが血液中に増えることが医学的に知られており、前立腺がんの場合はPSAという物質が増えます。このPSAが、腫瘍マーカーと呼ばれる物質のひとつです。

湘南健診クリニック ココットさくら館のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

湘南健診クリニック ココットさくら館のメンズドックでは、前立腺がんリスク以外にも、肺がん・胃がん・大腸がん・すい臓がんなどのリスクを腫瘍マーカー検査によって評価します。さらに、胃・食道・十二指腸をチェックする胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)や、肺がんリスクなどを主に調べる胸部CT検査なども含まれています。

湘南健診クリニック ココットさくら館は、「健康は財産」をモットーに人間ドックを実践しています。JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」北口に直結、徒歩1分のアクセス環境です。横浜の中心街にあり受診しやすい環境にある健診施設といえます。

ふれあい横浜ホスピタル 健康管理センター

ふれあい横浜ホスピタル 健康管理センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:神奈川県横浜市中区万代町2-3-3

アクセス:JR根岸線 関内駅 南口から徒歩3分

診療時間
08:00-16:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

ふれあい横浜ホスピタル 健康管理センターについて

image1
出典:EPARK人間ドック

ふれあい横浜ホスピタル 健康管理センターのメンズドックは、「【男性】エグゼクティブ宿泊ドック」という名称です。宿泊(宿泊先:横浜ベイホテル東急)をともなう検査コースとして提供されています。前立腺がんリスクは、血液検査の腫瘍マーカー検査によって調べます。PSAは、前立腺がんに罹患すると血液中に増える物質(腫瘍マーカー)です。

1泊2日ということもあって、一般的には時間を要するといわれる重篤な疾患リスクを調べる検査項目も設定されています。具体的には、脳血管疾患(脳卒中)を調べる頭部MRI/MRA検査、肺がんを調べる胸部CT検査、胃がんや食道がんを調べる部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、大腸がんリスクを調べる下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)、心臓病・狭心症を調べる運動負荷心電図検査、糖尿病を調べるブドウ糖負荷試験などです。

ふれあい横浜ホスピタル 健康管理センターのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

アクセス環境は、「関内駅」「伊勢佐木長者町」のいずれからも徒歩数分以内。横浜市中区万代町に立地しています。1度の受診で、前立腺がんを含むがんから、心臓病・脳卒中も含めて検査を受けたい人の需要に対応するメンズドックです。

まとめ

この記事では横浜市でメンズドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のためにメンズドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

横浜日吉健診センター MEDOC 日吉(神奈川県)駅:徒歩3分
おもてなしの心できめ細やかなサービスを提供します

総合健診センターヘルチェック 横浜西口センター 横浜駅:西口より徒歩6分
「横浜駅」徒歩6分、検査後のお食事やショッピングにも便利な環境です。

うしおだ診療所 鶴見駅:西口から徒歩10分
鶴見駅からうしおだ診療所までシャトルバスを運行しています

総合健診センターヘルチェック 横浜東口センター 横浜駅:きた東口A出口から徒歩3分
「横浜駅」より徒歩3分。男女別フロアで快適かつ良質な検査を提供いたします。

総合健診センターヘルチェック ファーストプレイス横浜 横浜駅:東口から徒歩4分
「横浜駅」より、徒歩4分。リラックスできる環境で検査を提供いたします。

湘南健診クリニック ココットさくら館 桜木町駅:北改札東口から、徒歩1分
健診機会拡大と地域医療へ貢献するアクセスしやすい立地の健診施設

ふれあい横浜ホスピタル 健康管理センター 関内駅:南口から徒歩3分
受診者のニーズに合わせて検査コースが選べます

シェアする