脳ドック

沖縄県で脳ドックが受けられる4つの施設!おすすめポイントをご紹介

更新日: 公開日:
93view
シェアする

沖縄県内で脳ドックを受けてみたいと思っている方も、どの医療機関に行けばよいのか、一体どのような検査があるのかなどわからないことがたくさんあると思います。とくに初めて脳ドックを受けたいと思っている方は不安でいっぱいなのではないでしょうか?

そのような方のために、こちらの記事では沖縄県内で脳ドックが受けられる医療機関をまとめてみたので、参考にしていただければと思います。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年5月時点のものです。(更新日2019年11月)

南部徳洲会病院

南部徳洲会病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:沖縄県八重瀬町外間171-1

アクセス:ゆいレール 県庁前(沖縄県)駅 沖縄バス100・200系統「徳洲会病院前」下車

診療時間
07:30-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

南部徳洲会病院について

image1
出典:EPARK人間ドック

南部徳洲会病院の脳ドックは、「脳ドック」と「半日ドック+脳ドック」の2つのコース設定があり、脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見を目的としています。

南部徳洲会病院のコース・費用

南部徳洲会病院のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

「脳ドック」では、頭部MRI検査/頭部MRA検査を行います。頭部MRI検査は、虚血性脳卒中の脳梗塞リスクを調べ、頭部MRA検査は、未破裂脳動脈瘤を調べます。さらに、頸動脈超音波(エコー)検査と血圧脈波検査(ABI:足関節上腕血圧比)も実施します。これらは、脳卒中の発症リスクを高める動脈硬化の程度を調べるもので、脳卒中リスクの早期発見のために有用です。

そして、「半日ドック+脳ドック」では、「脳ドック」に加えて、全身の健康状態もチェックします。脳卒中と同時に全身の健康をチェックしたいという方におすすめです。また、上部消化管X線検査(胃透視・胃バリウム)あるいは上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)のいずれかを、受診者の希望に合わせて選択するシステムです。

なお、受診当日に判明する検査結果に関しては、その日のうちに医師より説明があり、総合的な検査結果については後日郵送となります。

宮古島徳洲会病院

宮古島徳洲会病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:沖縄県宮古島市平良松原552-1

診療時間
09:00-12:00
14:00-19:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

宮古島徳洲会病院について

image1
出典:EPARK人間ドック

宮古島徳洲会病院の脳ドックは、ゆったりとした気分になることに配慮した南国調をモチーフとした健診専用のスペースで受診することが特徴です。宮古島徳洲会病院は総合病院であり、他の受診患者との接触をできるだけ避ける意味でも健診専用スペースは有用で、たとえば、インフルエンザなどの流行時期には院内感染を抑えることに役立ちます。

宮古島徳洲会病院のコース・費用

宮古島徳洲会病院のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

主な検査項目は、磁力強度1.5テスラの機器を用いる頭部MRI検査と頭部MRA検査です。加えて「動脈硬化検査」も実施し、脳卒中リスクの早期発見につとめています。MRI/MRA検査など画像診断の読影では、複数の医師によるダブルチェック体制が導入され、見落としの低減につとめています。

脳ドックの検査結果に関しては、判明する部分は受診当日に説明を受ける体制です。すべての検査結果に関しては、2週間以内に郵送されます。そして、万が一何らかの問題が見つかった場合には、宮古島徳洲会病院でそのまま治療を開始するかあるいは、受診者の希望により連携している他医療機関への紹介を受ける形です。

沖縄県健康づくり財団

沖縄県健康づくり財団
出典:EPARK人間ドック

所在地:沖縄県南風原町宮平212

診療時間
07:00-16:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

沖縄県健康づくり財団について

image1
出典:EPARK人間ドック

沖縄県健康づくり財団の脳ドックは、ドイツのシーメンス社製の3.0テスラのMRI機器を使用し、重篤な後遺症が残るケースも多いといわれる脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見につとめています。

沖縄県健康づくり財団のコース・費用

沖縄県健康づくり財団のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

MRI機器を用いる画像診断はダブルチェック体制で行われ、その検査結果は受診後に郵送されます。検査結果に関して疑問や不安な点があれば、必要に応じて個別に説明や指導を受ける体制をとっており、受診後もサポートも実施されています。

脳ドック受診後は院内にあるラウンジで、地元産食材を活用した管理栄養士監修・専属シェフ調理の食事も提供されます。さらに、土曜日の受診にも対応しているため、平日は多忙な人も受診しやすいように配慮しています。また、100台以上の駐車場も設置され、自動車による来院にも配慮しています。

中部徳洲会病院

中部徳洲会病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:沖縄県北中城村アワセ土地区画整理事業地内2街区1

診療時間
09:00-17:00
09:00-12:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

中部徳洲会病院について

image1
出典:EPARK人間ドック

中部徳洲会病院の脳ドックは、頭部MRI検査と頭部MRA検査が行われます。さらに動脈硬化の度合いを調べることができる頸動脈超音波(エコー)検査も同時に受診することを推奨しています。オプション検査として、胸部CT検査や骨密度検査など用意され、脳以外にも気になる部位の疾患リスクを知りたいという需要に対応しています。

中部徳洲会病院のコース・費用

中部徳洲会病院のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

「いつでも、どこでも、だれもがリラックスして」というモットーのもと、受診の快適性に配慮した環境整備につとめています。「健康管理センター」設置はその一環です。健康管理センターでは、脳ドック受診者と他の患者が接触しないため、院内感染の防止に役立ちます。

土曜日の受診への対応や、判明する検査結果は受診当日に説明をするなど、多忙な受診者が効率的に受診し、検査結果を知ることに向けた施策も実施しています。

まとめ

この記事では沖縄県で脳ドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために脳ドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

南部徳洲会病院 県庁前(沖縄県)駅:沖縄バス100・200系統「徳洲会病院前」下車
地域の健康サポート・海外からの受診対応の2本を柱に人間ドックを展開

宮古島徳洲会病院
発症前の疾患リスク発見を目的とする人間ドックは健康な人にこそ有効

沖縄県健康づくり財団
長寿沖縄の復活を目指し、総合的な健康サポートを実施

中部徳洲会病院
疾患リスクの早期発見・早期対応を通じて沖縄の健康をサポートします

シェアする