練馬区の人間ドックが受けられる施設!おすすめポイント紹介

更新日: 公開日:
109view
シェアする

東京都練馬区で人間ドックや各種検診を受けられる医療機関はどう探せばいいのかな…? 健康な状態で病院に行くことは少ないので、いざ人間ドックの受診する施設を選ぶとなれば、迷うことも少なくありません。

この記事では、練馬区で『人間ドック』を受診できる施設を紹介しています。検査内容や検査費用、おすすめポイントの掲載をしてますので、ぜひ、参考にしてください。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2018年1月時点のものです。(更新日2019年10月)

てらもとクリニック

てらもとクリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都練馬区南大泉1-15‐39スプリング101号

アクセス:西武新宿線 武蔵関駅 北口から徒歩10分

診療時間
08:45-12:30
14:30-18:00
14:30-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

てらもとクリニックについて

てらもとクリニックは、緑の多い住宅街にたたずむ医療施設です。地域住民に、大学病院レベルの専門性の高い医療を提供することを目標にしています。そのため、消化器関係を中心にした検査(肝臓、膵臓、胆のう、胃、腸など)から人間ドックまで、さまざまな検査に対応しています。

また、地域のニーズを把握することで、本当に必要とされる医療の提供ができるようにしています。てらもとクリニックで対応できない診療については、提携するほかの医療機関を紹介してくれます。(東京医科歯科大学、武蔵野赤十字病院、荻窪病院、国立がんセンターなど)

てらもとクリニックは、武蔵関駅北口から歩いて10分、大泉学園駅の南口からバスで10分「小関」バス停を下車して、徒歩1分の場所にあります。無料の駐車場も4台分用意されています。土曜日、日曜日も検査を実施していますので、平日忙しい方でも受診できます。

てらもとクリニックのコース・費用

てらもとクリニックのおすすめポイント

1.鼻からの内視鏡で負担を少なく!鎮静剤も合わせて使用できる

てらもとクリニックでは、負担が少ないとされる経鼻内視鏡を使用しています。鼻から胃カメラを入れて、食道や胃、十二指腸の検査をします。口から胃カメラ入れる経口内視鏡にくらべて、吐き気が起こることが少ないので負担が軽減できるという特徴があります。

また、細いチューブ状のカメラを挿入しているので会話をすることができます。検査中のモニターを確認しながら、医師の説明を聞くことができます。どうしても不安な場合は、鎮静剤を使用して眠っている状態で検査を受けることもできます。気軽に相談してみてください。

 

2.罹患数の多い大腸がん!ポリープ切除もできる内視鏡で定期検査

大腸がん早期発見に役立つ大腸内視鏡検査をうけることができます。大腸がんは、日本人の男女ともに、罹患数が多いがんになります。国立がん研究センターがん情報サービスのデータでは、2013年の罹患数と死亡数は、2位となっています。

そのため定期的に検査することは重要で、大腸がんの早期発見につながります。大腸がん検査の苦痛やストレスをやわらげるため、鎮静剤の使用もできます。もしポリープなどが見つかった場合には、希望することで切除も可能です。

3.生活習慣改善の指導をしている

検査から得たデータを使用して、生活習慣を改善する指導をし、生活習慣病の予防をしています。食生活の改善や運動を取り入れるなどの生活習慣の指導です。人間ドックを通して、生活習慣病のリスクを検査することで、日々の生活の改善につながります。

生活習慣病は、動脈硬化や高血圧、糖尿病、高脂血症、脳卒中、心筋梗塞などがあります。生活を改善しての予防はもちろん、健康維持に役立ちます。

まとめ

この記事では練馬区で人間ドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために人間ドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

てらもとクリニック 武蔵関駅:北口から徒歩10分
地域の皆さまに専門性の高い医療を提供します

シェアする