脳ドック

長野県で脳ドックが受けられる3つの施設!おすすめポイントを紹介!

更新日: 公開日:
55view
シェアする

脳血管疾患(脳卒中)によって毎年10万人以上の人が亡くなっています。塩分の過剰摂取は、発症リスクのひとつです。長野県は、塩分摂取量が多い県でありながら、平均寿命の長い「長寿県」として知られています。予防医療の成果です。

もちろん脳ドックもその一翼を担っています。ここでは受診の参考になる情報として、長野県で提供されている3つの脳ドックを提供している施設の特徴やおすすめポイントを紹介します。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年5月時点のものです。(更新日2019年8月)

松本市立病院

松本市立病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:長野県松本市波田4417-180

アクセス:松本電鉄上高地線 波田駅 徒歩1分

診療時間
08:15-15:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

松本市立病院について

image1
出典:EPARK人間ドック

松本市立病院の脳ドックは、「日帰り脳ドック」の名称で提供されています。実施日は、第1・第3・第5水曜日で、脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見が主目的です。

脳卒中は、血管がつまって発症する脳梗塞(虚血性)と、血管が破れて起きるくも膜下出血・脳内出血(出血性)に大別されます。「日帰り脳ドック」では、頭部MRI検査を用いて脳梗塞を、頭部MRA検査により、くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤を調べます。

また、頸動脈の内壁に脂肪が沈着したり、血管が柔軟性を失った状態は動脈硬化と呼ばれ、虚血性・出血性のいずれの脳卒中リスクも高めることが知られています。「日帰り脳ドック」は、頸動脈超音波(エコー)検査や、眼底検査によって動脈硬化の程度を調べることで、いわば脳卒中の前段階リスクも調べるのです。

松本市立病院のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

安静時心電図検査・胸部超音波(心エコー)検査も設定されています。これは、脳梗塞のうち、心臓の不整脈によって形成された血栓を原因とする心原性脳塞栓症のリスクを調べることに有用です。

松本市立病院の所在地は、長野県松本市波田。アルピコ交通「波田駅」から徒歩1分のアクセス環境です。

健和会病院 健康管理課

健和会病院 健康管理課
出典:EPARK人間ドック

所在地:長野県飯田市鼎中平1936

アクセス:JR飯田線 鼎駅 徒歩2分

診療時間
09:00-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

健和会病院 健康管理課について

image1
出典:EPARK人間ドック

健和会病院 健康管理課の脳ドック(名称も「脳ドック」)は、頭部MRI検査/頭部MRA検査をはじめ、頸動脈超音波(エコー)検査、血液検査などを検査項目として実施し、脳血管疾患(脳卒中)リスクを調べます。

脳ドックとして必須とされる頭部MRI検査は、脳卒中のうち血管がつまって起きる脳梗塞を主に調べます。また、頭部MRA検査では、くも膜下出血を引き起こす未破裂脳動脈瘤などを調べます。

健和会病院 健康管理課のコース・費用

健和会病院 健康管理課のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

心臓から送り出された血液を脳に届ける頸動脈で動脈硬化(血管が柔軟性を失ったり、血流がよどむこと)が進むと、脳卒中の発症リスクを高めてしまいます。これは、脳梗塞(虚血性脳卒中)・くも膜下出血(出血性脳卒中)とも同様です。

健和会病院 健康管理課の「脳ドック」は、頸動脈エコー検査によって動脈硬化の程度を調べます。また、血液検査のチェック項目に、悪玉(LDL)コレステロールなどを含んでおり、動脈硬化を進行させる代表的な要因であり、生活習慣病のひとつでもある脂質異常症についても調べます。

所在地は、長野県飯田市鼎中平。最寄りのJR「鼎(かなえ)駅」から徒歩2分のアクセス環境です。

瀬口脳神経外科病院

瀬口脳神経外科病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:長野県飯田市上郷黒田218-2

アクセス:JR飯田線 伊那上郷駅 徒歩5分

診療時間
14:00-16:00
08:10-11:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

瀬口脳神経外科病院について

瀬口脳神経外科病院の脳ドックは、脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見を目的とする、「一般コース」「日帰りコース」などが提供されています。両コースの検査項目は共通です。実施日は、一般コースが月曜日~金曜日、日帰りコースは第1・第3・第5土曜日となっています。検査結果を説明するタイミングは、日帰りコースが受診当日、一般コースは後日(土曜日)です。

中心となる検査項目は、頭部MRI検査/頭部MRA検査。頭部MRI検査は、脳の血管がつまることで発症する(虚血性)脳卒中を、頭部MRA検査は、脳の血管が破れることで起きる(出血性)脳卒中のリスクを調べます。

瀬口脳神経外科病院のコース・費用

瀬口脳神経外科病院のおすすめポイント

脳卒中の発症リスクを高める動脈硬化(血流のよどみなど)の程度を調べる検査項目として、頸動脈超音波(エコー)検査も設定されています。

動脈硬化を調べる検査項目としてはさらに、血圧脈波検査も設定されています。受診者の両腕・両足首の血圧や、心電図をもとにして調べます。

瀬口脳神経外科病院は、長野県飯田市上郷黒田に立地し、JR「伊那上郷駅」から徒歩5分、JR「飯田駅」より自動車で5分のアクセス環境です。

まとめ

この記事では長野県で脳ドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために脳ドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

松本市立病院 波田駅:徒歩1分
長野県松本市の公的医療機関として地域の健康寿命延伸に貢献することが目標

健和会病院 健康管理課 鼎駅:徒歩2分
長野県飯田市で地域医療に取り組み、健康に自信がある人にこそ人間ドックを推奨

シェアする