港区で心臓ドックを受診できる2施設|おすすめポイントや価格を掲載!

更新日: 公開日:
93view
シェアする

東京都港区で心臓ドックを受診できる施設を紹介します。生活習慣病が増加傾向にあるなか、心臓病(心筋梗塞や狭心症など)に不安を感じる方も少なくありません。ただ、病院はいくつもあるのでどこの医療機関を選択すればいいの迷ってしまいます。

そこでこちらの記事では、心臓ドックを提供している医療機関を紹介しています。選択に役立つ多様な情報を掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2017年12月時点のものです。(更新日2019年11月)

アザブ循環器・内科クリニック

アザブ循環器・内科クリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都港区元麻布3-4‐8

アクセス:東京メトロ日比谷線 六本木駅 1a出口から徒歩10分

診療時間
09:00-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

アザブ循環器・内科クリニックについて

CVCアザブ循環器・内科クリニックは、六本木駅から徒歩10分の場所にある医療施設です。土曜日も受診可です。平日は仕事などで時間が取れない方でも、利用しやすくするためです。受診は予約制なので、待ち時間も少なくスムーズに検査できます。

また、アザブ循環器・内科クリニックの「CVC」は「Cardiovascular Clinic」を略したもので、「心臓血管のクリニック」という意味を持っています。1992年に開院してから、「心筋シンチグラム」を中心に、心臓の特殊検査を実施しています。

定期的に心臓に関する検査を受診することによって、心筋梗塞などのリスクを未然に調べ、予防につなげています。また、生活習慣病の改善にもつながるので、心臓の特殊検査に力を入れています。

施設周囲は、中華人民共和国大使館やオーストリア大使館、ウクライナ大使館、ラオス大使館などがあります。こういった特徴のある地域なので、「人間ドック」や「心臓ドック」受診は、英語での対応もしてくれます。

結果説明は無料で医師から確認することができます。検査結果に所見がある場合は、診療科で診療を行ってくれます。そして、高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満症・メタボリックシンドロームといった生活習慣病については、生活に対する指導をしてくれます。

検査結果に対して、対応が不可能な場合でも、提携している医療機関への紹介をしてくれます。東京女子医科大学、順天堂大学などの各大学病院や専門病院と情報を共有しているからです。

アザブ循環器・内科クリニックのコース・費用

アザブ循環器・内科クリニックのおすすめポイント

アザブ循環器・内科クリニックでは、狭心症や心筋梗塞のリスクを調べる「負荷心筋シンチグラム」検査を受けることができます。「負荷心筋シンチグラム」検査は、運動負荷もしくはごく少量の放射性同位元素を静脈注射する、薬物負荷があります。

注射をした薬剤が心臓に集まる様子を観察することで狭心症や心筋梗塞に関するリスクを検査します。検査結果に異常がなかった場合は、3年以内に心筋梗塞が起こる確率は低いといわれています。

ほかにも、心電図、胸部レントゲン、心臓超音波、運動負荷心電図、ホルター24時間心電図、各検査によって、心臓を各方面から調べることができます。「運動負荷心電図検査」に関しては、パイロットの航空身体検査にも用いられるようなものになります。胸部超音波(心エコー)検査やホルター心電図などを組み合わせて、リスクの有無をしっかり調べることができます。

赤坂一ツ木通りクリニック

赤坂一ツ木通りクリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都港区赤坂3‐15‐9ACRビル3F

アクセス:東京メトロ千代田線(綾瀬-代々木上原) 赤坂(東京都)駅 1番出口から徒歩2分

診療時間
08:30-12:30
13:30-17:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

赤坂一ツ木通りクリニックについて

赤坂一ツ木通りクリニックは、赤坂駅より徒歩2分、赤坂見附駅より徒歩約5分というアクセス環境にある医療機関です。地域の医療機関との提携を行っているので、検査結果によって対応できないようなケースがあれば、「慶應義塾大学病院」、「東京慈恵会医科大学附属病院」、「国際医療福祉大学三田病院」などの医療機関を紹介してくれます。

また、受診者からの希望があればそのほかの医療機関も紹介してくれます。ほかの医療機関に紹介する場合も、検査データの共有や連携はしっかりと取れるような体制になっています。

そうしたさまざまな医療施設と連携している、赤坂一ツ木通りクリニックでは特に、「心臓ドック」に力を入れています。がんにつづく死亡原因として、心疾患の検査はとても重要です。

そのため、さまざまな分野の専門医が在籍しています。具体的には、「日本内科学会認定 総合内科専門医」、「日本循環器学会認定 循環器専門医」、「日本心臓血管外科学会認定 心臓血管外科専門医」などの専門医が在籍しています。

というのも、赤坂一ツ木通りクリニックには、さまざまな、診療科目があるからです。循環器内科、腎臓内科、心臓血管外科、皮膚科など、幅広い診療科があります。

そのため、検査結果で異常が見つかった場合も、診療科で精密検査や治療が受けられます。合わせて、さまざまな視点から総合的な予防・健康管理を目指し、メタボリック症候群や生活習慣病、禁煙などへの対応もしてくれます。

周辺には、アメリカ大使館やスウェーデン大使館など、世界各国の大使館があります。また、外資系の企業も多数あります。そうした環境から、英語での検査にも対応しています。もちろん検査の対応だけでなく、検査結果も英語表記で発行してくれます。

赤坂一ツ木通りクリニックのコース・費用

赤坂一ツ木通りクリニックのおすすめポイント

赤坂一ツ木通りクリニックの心臓ドックは、「胸部レントゲン検査」、「安静時心電図検査」、「内臓脂肪測定検査」、「動脈硬化測定検査」、「頸動脈エコー検査」、「心臓エコー検査」などの検査項目があります。

血液検査でも、高血圧、脂質異常症、糖尿病、動脈硬化などの項目があります。24時間心電図検査(ホルター心電図検査)のオプションを追加することで、さらに検査を充実させることができます。

「心臓ドック」に力を入れているのは、日本人の死亡原因で高い割合を占めるのが「がん」につづいて「心疾患」だからです。急死や突然死は、心臓疾患(心筋梗塞、不整脈、動脈瘤破裂など)の割合が特に高くなります。

そのため、検査によって身体の状態を知り、早期治療や生活習慣の改善を行うことが必要なのです。心疾患を引き起こす原因の一つが動脈硬化です。動脈硬化は、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、肥満などの生活習慣病が原因となるので、心臓ドックで早めのチェックが重要です。

まとめ

この記事では港区で心臓ドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために心臓ドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

アザブ循環器・内科クリニック 六本木駅:1a出口から徒歩10分
心筋梗塞などのリスクを調べる「心筋シンチグラム」を中心に、心臓の特殊検査に注力しています

赤坂一ツ木通りクリニック 赤坂(東京都)駅:1番出口から徒歩2分
どのような検査結果でも対応できるよう緊密な医療提携を行っています

シェアする