港区の乳がん検診1施設のおすすめポイント

更新日: 公開日:
43view
シェアする

東京都港区で乳がん検診ができる施設を紹介します。高齢者より年代が若いうちの罹患リスクが高い乳がん。検査の重要性を理解はしていても、いざ受診する施設を選ぶとなれば、迷うことも少なくありません。

選択に役立つ多様な情報を提供するため、この記事では、港区で『乳がん検診』を受診できる1施設を紹介しています。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2018年4月時点のものです。(更新日2019年11月)

古川橋病院 健診センター

古川橋病院 健診センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都港区南麻布2-10-21

アクセス:東京メトロ南北線 白金高輪駅 4番出口から徒歩6分

診療時間
09:00-11:00
13:00-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

古川橋病院 健診センターについて

image1
出典:EPARK人間ドック

古川橋病院 健診センターは、女性でも検査を受けやすい環境です。というのは、女性特有の病気ともいわれる、乳がんの検査内容が手厚いコースがあるからです。

それだけではなく、毎週月曜日の午前中の時間帯をレディースデーとしています。また、乳がん検査を担当するのは、女性医師と女性技師になるので、女性受診者も気兼ねなく通える環境ではないでしょうか。

乳がんは、女性のがんの中でも罹患率が高いものになります。そして、年齢が若くても患ってしまうものなので、定期的な検査を受けることが望ましいです。

古川橋病院 健診センターのコース・費用

古川橋病院 健診センターのおすすめポイント

いろいろな角度から診る乳がん検診

古川橋病院 健診センターでは、さまざまな方法で、乳がんの早期発見のために検査を行っています。マンモグラフィ検査(エックス線)、乳房超音波検査(エコー)、触診、腫瘍マーカーを合わせて乳がんのリスクを探ります。

触診やエコーでは、しこりがないか確認をすることができます。マンモグラフィでは、エコーでは、難しい乳がんの発見や石灰化を見つけることができます。腫瘍マーカーは血液からがんの危険性を検査します。

検査方法はいろいろあり、メリットデメリットがあります。そういった部分を一つのコースで補いながら検査できるのでおすすめです。

まとめ

この記事では港区で乳がん検診を提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために乳がん検診の受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

古川橋病院 健診センター 白金高輪駅:4番出口から徒歩6分
港区南麻布で94年。皆さまの医療・介護を担っています

シェアする