肺がん検診

清須市で肺がん検診を受診できる医療機関!おすすめポイント紹介

更新日: 公開日:
22view
シェアする

清須市で肺がん検診を受診できる医療機関の情報です。肺・気管・気管支などをチェックし、肺がんはもちろん肺炎・肺結核・肺気腫・COPD(慢性閉塞性肺疾患)などのリスクを調べる検査コースです。日本の代表的な死因であるがんのなかでも、肺がんは部位別の死亡数で男女ともに上位と、深刻な病気です。

この記事では、愛知県清須市で肺がん検診を提供している医療機関を紹介しています。肺がん検診の定期受診は、呼吸器関連の病気の兆候を早期に発見し、治療を含む早期対処のためにも大切です。検査内容や受診費用、おすすめポイントなどをまとめていますのでぜひ参考にしてください。

※国立がん研究センターがん情報サービス(2019年8月時点)のデータに基づく

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年8月時点のものです。(更新日2019年11月)

はるひ呼吸器病院

はるひ呼吸器病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:愛知県清須市春日流8-1

アクセス:名鉄犬山線 西春駅 タクシーまたは無料送迎車で約10分

診療時間
09:00-12:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

はるひ呼吸器病院について

はるひ呼吸器病院は、呼吸器内科・呼吸器外科を中心に、肺に関して急性期~慢性期まで一貫した診療を実施する医療機関として、肺がん検診を実施しています。病床数は120床、開院は2016年です。また、院長は日本呼吸器学会認定「呼吸器専門医」です。肺の病気に関する知識と経験を活かして、肺がん検診を提供しています。

検査コースとしては、肺がんリスクの早期発見を主目的とする「ミニ肺がんドック」「肺がんドック」があります。さらに、慢性閉塞性肺疾患(COPD)リスクも重点的に調べる「COPDドック」なども用意されています。COPDとは、これまで慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。

はるひ呼吸器病院のおすすめポイント

胸部CT検査とスパイロメトリーが主な検査項目

提供されている肺がん検診の主な検査項目は、胸部CT検査と肺機能検査です。前者は、X線を用いて胸部を輪切りにしたような画像を撮影(断層撮影)する検査項目です。後者はスパイロメトリーと呼ばれ、%肺活量と1秒率から肺の機能を評価します。なお、全身の健康状態をチェックする検査項目も設定されています。

 

西原駅から無料送迎車で約10分

平日には「はるひ呼吸器病院」の白のワゴン車による、無料送迎を実施しています。最寄りの名鉄「西春駅」から約10分です。同駅からタクシーを利用しても約10分です。また、施設内に70台分の無料駐車場も設置されています。

まとめ

この記事では、清須市で肺がん検診を提供している医療機関を紹介しました。地域や実施日、検査項目や受診費用などで検討してみてください。自分に合った医療機関や検査コースを選んで受診することは、たとえ時間や費用をかけても決して損にはならないものです。

肺がん検診の受診は、肺がんリスクを確認することが主要な目的です。それをきっかけに、自身の健康そのものについても考えるよい機会となります。がんの部位別死亡数で肺がんが上位にあるという事実からみても、肺がん検診の受診は喫煙者だけでなく誰にでも推奨されます。この記事に掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

はるひ呼吸器病院 西春駅:タクシーまたは無料送迎車で約10分
呼吸器疾患治療の発信地として、ドックを通じた予防・健康増進にも注力

シェアする