乳がん検診 婦人科検診

広島市で婦人科検診を受診できるおすすめ2施設!そのポイントをご紹介

更新日: 公開日:
53view
シェアする

広島市で婦人科検診を受診したいと思い、医療機関を探している人向けの情報です。婦人科検診とは、乳がん検診と子宮がん検診を同時に受診する検査コースです。いずれも定期受診が早期発見のカギです。

この記事では、広島県広島市で婦人科検診を提供している医療機関を紹介しています。「マンモグラフィ」「乳腺超音波(エコー)検査」「子宮頸がん検診」など婦人科検診では近年女性医師や女性技師が行う機会も増え、より気軽に受診することができるようになってきています。各医療機関の検査内容や費用、おすすめポイントをまとめていますのでぜひ参考にしてください。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年8月時点のものです。(更新日2019年11月)

広島原爆障害対策協議会 健康管理・増進センター

広島原爆障害対策協議会 健康管理・増進センター
出典:EPARK人間ドック

所在地:広島県広島市中区千田町3-8-6

アクセス:広島電鉄1号線 広電本社前駅 徒歩3分

診療時間
08:00-15:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

広島原爆障害対策協議会 健康管理・増進センターについて

広島原爆障害対策協議会 健康管理・増進センターは、被ばく者の健康管理・増進により培われた知識や経験を活かし、地域住民の健康サポートとして、人間ドックによる健診を提供しています。広島市中区という立地に加え、広電1・3・7号線「広電本社前」駅より徒歩3分とアクセスがよいのも特徴です。

人間ドックの検査コースとしては、婦人科検診(乳がん検診+子宮がん検診)のほか、全身の健康チェックを目的とした「基本コース」、脳ドックも用意しています。1日の受診者数を30名程度に設定しているほか、案内役のエスコートスタッフも配置されています。

広島原爆障害対策協議会 健康管理・増進センターのコース・費用

広島原爆障害対策協議会 健康管理・増進センターのおすすめポイント

女性医師、女性検査技師が対応

「婦人科検診」では、乳がんの検査として、乳房X線検査(マンモグラフィ)、乳腺超音波(エコー)検査、子宮がんの検査として子宮頸部細胞診を実施します。これらの検査はすべて女性医師と女性検査技師が対応します。これは、女性が気軽に受診するための配慮です。

 

判明する検査結果は受診当日に説明

受診当日に判明する検査結果については説明を実施しています。仮に問題が見つかった場合でも施設内で精密検査を行い、必要であれば他の医療機関への紹介状を作成しています。これらは、「心の通うサービス」への取り組みの実践例ともいえます。

西広島リハビリテーション病院 健康開発センターウイル

西広島リハビリテーション病院 健康開発センターウイル
出典:EPARK人間ドック

所在地:広島県広島市佐伯区三宅6-265

アクセス:JR山陽本線(三原-岩国) 五日市駅 南口よりバスで約15分

診療時間
08:00-13:00
08:00-12:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

西広島リハビリテーション病院 健康開発センターウイルについて

西広島リハビリテーション病院 健康開発センターウイルは、婦人科検診を含む人間ドックの提供をしています。西広島リハビリテーション病院は、主に予防医療にもとづくリハビリを提供している医療機関です。広島湾が一望できる立地環境にあり、人間ドックとともに、地域の健康増進を目的とする活動にも取り組んでいます。

乳がんも子宮がんも、女性にとってがんの部位別罹患数(がんと診断される人数)で上位です。また、リスクの早期発見によって治療の道が開けやすいともいわれています。そのため西広島リハビリテーション病院 健康開発センターウイルは、乳がん検診と子宮がん検診を組み合わせた婦人科検診の定期受診を推奨しています。

西広島リハビリテーション病院 健康開発センターウイルのコース・費用

西広島リハビリテーション病院 健康開発センターウイルのおすすめポイント

レディース健診と多彩なオプション検査を追加可能

婦人科検診として「レディース検診」「乳がん・子宮がん検診」が提供されています。共通の主な検査項目は、乳がんを調べる乳房X線検査(マンモグラフィ)と、子宮頸がんを調べる子宮頸部細胞診です。レディース検診では、経腟超音波(エコー)検査も実施し、子宮体がん・卵巣がんについても調べます。

 

オプションに乳腺エコーやHPV検査

婦人科検診のオプション検査として、乳がんを調べる乳腺超音波(エコー)検査や、子宮頸がんを調べるHPV検査(血液検査)が用意されています。HPVは、子宮頸がんの原因となり得るヒトパピローマウイルスの感染の有無について調べます。

まとめ

この記事では広島市で婦人科検診を提供している医療機関を紹介しました。婦人科系疾患は早期発見、治療が大切です。発見が遅れると妊娠・出産が困難になることもある子宮頸がんについては、20代、30代の女性にも受診をおすすめします。また、乳がんは一般的に女性が罹りやすいがんのひとつです。基本的に検診は40歳からですが、家族歴があり出産歴、授乳歴のない方は受診をおすすめしています。

健康管理のために日々のセルフチェックと共に医療機関による定期的な検診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

広島原爆障害対策協議会 健康管理・増進センター 広電本社前駅:徒歩3分
人間ドックの提供を通じて地域住民の健康管理をサポート

西広島リハビリテーション病院 健康開発センターウイル 五日市駅:南口よりバスで約15分
40歳未満は2~3年に1度、40歳以上の方には毎年を目安に人間ドックの受診を推奨

シェアする