脳ドック

千代田区で脳ドックが受けられる3つの施設!おすすめポイントを紹介

更新日: 公開日:
52view
シェアする

脳血管疾患(脳卒中)は、ある日突然発症することが多い疾患です。そして、発症前に自覚症状がないまま動脈硬化が進行しているケースが多いともいわれています。そうした隠れているリスクも含めて調べることが、脳ドックの大きな役割です。

ここでは、東京都千代田区で脳ドックを実施している3施設を取り上げ、検査コースの特徴やおすすめポイントを紹介します。ぜひとも不測の事態に備えましょう。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年6月時点のものです。(更新日2019年11月)

神田クリニック

神田クリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都千代田区内神田2-4-1

アクセス:JR山手線内回り 神田(東京都)駅 西口から、徒歩3分

診療時間
09:00-12:30
14:00-16:30
09:00-12:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

神田クリニックについて

image1
出典:EPARK人間ドック

神田クリニックへのアクセスは、JR「神田駅」西口より徒歩3分、東京メトロ「神田駅」1番出口より徒歩5分、同「大手町駅」A2番出口より徒歩5分です。

神田クリニックのコース・費用

神田クリニックのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

神田クリニックの脳ドックは、「健康なときこそカラダをチェック」をキャッチフレーズに掲げる予防医療の一環として提供されています。名称は、「MRI心臓・脳ドック◆心臓・脳・血管の徹底チェック◆」。脳血管疾患(脳卒中)とともに、心臓病のリスクも調べる検査コースであることが特徴です。

神田クリニックが立地する東京都千代田区内神田2丁目を含むエリアは、東京の代表的なビジネス街であり、飲食店街です。そうした周辺環境もあって、生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症など)リスクをかかえる受診者が少なくないそうです。

生活習慣病は動脈硬化を進行させ、動脈硬化は脳卒中(や心臓病)の発症リスクを高めます。そのため神田クリニックの脳ドックでは、頸動脈超音波(エコー)検査や血圧脈波(血管年齢)検査、眼底検査などによって、動脈硬化の程度を調べます。もちろん、脳卒中リスク自体を調べる頭部MRI検査/頭部MRA検査も実施します。

メディカルスキャニングお茶の水

メディカルスキャニングお茶の水
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都千代田区神田駿河台4-3新お茶の水ビルディング1F

アクセス:JR中央本線(東京-塩尻) 御茶ノ水駅 聖橋口から、徒歩1分

診療時間
08:30-20:00
09:00-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

メディカルスキャニングお茶の水について

image1
出典:EPARK人間ドック

メディカルスキャニングお茶の水の所在地は、東京都千代田区神田駿河台4丁目。JR「御茶ノ水駅」聖橋口から徒歩1分、東京メトロ「新御茶ノ水駅」B1出口から徒歩1分というアクセス環境です。

メディカルスキャニングお茶の水のおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック

メディカルスキャニングお茶の水の脳ドックは、「画像診断を用いた健康サポート」という理念にもとづいて、脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見を主眼として実施されています。メディカルスキャニングお茶の水は、画像検査・診断を専門とする医療施設ネットワークの一員です。

名称は、「【土日受診価格】脳MRI・MRA+頸動脈MRA◆ 当日結果説明付」など。検査結果について受診当日に説明を受けるか、後日郵送で受け取るかによって検査コースが分けられています。

主な検査項目は、頭部MRI検査/頭部MRA検査、頸部MRA検査です。

頭部MRI検査は、血管がつまって起きる虚血性脳卒中(脳梗塞)を調べ、頭部MRA検査は、血管が破れて発症する出血性脳卒中(くも膜下出血)を引き起こす未破裂脳動脈瘤を調べることが主な役割です。さらに、脳卒中の発症リスクを高める動脈硬化の程度を、頸部(頸動脈)MRA検査によって調べます。

内幸町診療所

内幸町診療所
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテルタワー7F

アクセス:JR山手線内回り 有楽町駅 日比谷口より徒歩5分

診療時間
08:00-16:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

内幸町診療所について

内幸町診療所は、東京都千代田区内幸町1丁目の「帝国ホテルタワー」7階にあります。アクセスは、地下鉄「有楽町駅」「日比谷駅」「銀座駅」、JR「有楽町駅」のいずれからも徒歩5分以内です。

内幸町診療所のコース・費用

内幸町診療所のおすすめポイント

内幸町診療所の脳ドックは、脳血管疾患(脳卒中)リスクを見つけるために磁力強度3.0テスラのMRI機器を用いることが特徴のひとつです。毎週火曜日・木曜日・金曜日の午後に実施され、検査コース名は「【午後】脳ドック(頭部MRI/MRA+頸部MRA)」などです。

脳ドックの所要時間は1時間未満です。検査項目としては、頭部MRI検査/頭部MRA検査に加え、頸部MRA検査を実施します。脳卒中は、脳梗塞(頭部MRI検査で調べます)と、くも膜下出血に大別されます。頭部MRA検査は、くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤の有無を調べます。

加えて、頸部MRA検査によって、とくに初期は自覚症状に乏しい、頸動脈の動脈硬化の程度を調べます。頸動脈は、心臓から脳に血液を運ぶ役割を担っているため、動脈硬化(血管への負荷、血流のよどみ)を調べることは、脳卒中発症前のリスクを見つけるために有用なのです。

まとめ

この記事では千代田区で脳ドックを提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために脳ドックの受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

神田クリニック 神田(東京都)駅:西口から、徒歩3分
3大疾患リスクの早期発見を目的に「健康なときこそ受診」を提唱

メディカルスキャニングお茶の水 御茶ノ水駅:聖橋口から、徒歩1分
MRI・CTによる画像検査と診断の機会を東京・神奈川・埼玉の27カ所で提供

内幸町診療所 有楽町駅:日比谷口より徒歩5分

シェアする