肺がん検診

足立区で肺がん検診を受診できる医療施設!おすすめポイント紹介

更新日: 公開日:
19view
シェアする

足立区で肺がん検診が受けられる医療機関をお探しですか? 肺がんはがんの部位別死亡数では上位に位置する疾患です(※1)。喫煙されている方はもちろん、身近にタバコを吸う方が居る、化学物質や石綿(アスベスト)などに接触する機会がある、という人は肺がん検診を受けておくとよいでしょう。

肺がんは初期段階ではほとんど自覚症状がありません。自覚した時には手遅れ、ということも少なくありません。定期的に肺がん検診を受けて予防をしましょう。この記事では、東京都足立区で肺がん検診を提供している医療機関を紹介しています。検査内容や費用、おすすめポイントをまとめていますのでぜひ参考にしてください。

 

※1:国立がん研究センターがん情報サービス(2019年9月時点)に基づく

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年10月時点のものです。(更新日2019年11月)

東京北部病院

東京北部病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都足立区江北6-24-6

アクセス:日暮里・舎人ライナー 西新井大師西駅 徒歩5分

診療時間
08:00-12:00
13:30-16:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

東京北部病院について

東京北部病院は、足立区江北6丁目にあり、地域の健康サポートに力を入れている医療機関です。すべての人々が心安らかに暮らせる地域社会を目指し、予防医療から治療・リハビリまで手がけています。また、切れ目の無い医療を心がけ、ほか医療機関との「ハブ」となれるよう連携を強めています。

アクセスは日暮里・舎人ライナー「西新井大師西駅」より徒歩5分です。または都営バス「上沼田団地バス停」下車、徒歩5分となっています。医院の休診日はありませんが、「肺がんCT検診」の実施日時についてはお電話・メール等でご確認ください。

東京北部病院のコース・費用

東京北部病院のおすすめポイント

胸部CT検査による断層撮影で肺をチェック

胸部CT検査は、CT(コンピュータ断層撮影)によって、胸部を輪切りにしたような断層撮影を行います。得られた検査画像をチェックすることで、肺・気管・気管支の状態を確認し、肺がんやそのほかの呼吸器疾患がないかを調べます。

 

痰でがんの有無を調べる喀痰細胞診

喀痰細胞診は、数日分の痰を採取してその中にがん細胞が含まれているかどうかを顕微鏡で観察します。通常は3日分の痰を採取しますが、なかなか痰が出ない場合などは2日分、最低1日分でも検査は可能です。

まとめ

この記事では、東京都足立区で肺がん検診を提供している医療機関を紹介しました。死因の上位にあるのはがんであり、部位別死亡数の上位は肺がんです。健康診断の胸部X線(レントゲン)検査で所見がなかったとしても、より集中的にリスクチェックができる肺がん検診を受けておくのが望ましいです。

肺がんをはじめ病気にかかってしまうと定期的な通院や服薬が必要になるうえ、お金や時間が必要となってしまいます。体や心への負担も軽くはありません。健康管理、予防のための受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療施設の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

シェアする