頭痛・肩コリVol.7《ウソなの?ホントなの?》

公開日:
66view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

寒いと肩コリが
起こりやすくなる

肩コリの大きな原因は、血行障害によるもの。通常は血液が正常に流れることによって、周囲の筋肉は収縮したりゆるんだりするため、「コリ」は起きない。
ところが、寒いと、できるだけ熱を発散しないように血管が収縮し、血液の流れも悪くなり、さらに筋肉は熱を発生させるため収縮をする。結果として、筋肉は緊張し、収縮し続けて、それが「コリ」となる。
冷え症の女性が、肩コリを起こしやすいのもこういった理由からだ。
慢性的な肩コリは肩を温めて、血行をよくするとよいだろう。冬場、夜、寝るときに首回りに1枚タオルを巻いて寝ると、翌朝、肩コリが楽になるので、冷え症の人は試してみるとよい。

 

内臓の病気
肩や背中に
出ることがある

内臓の病気というと、おなかが痛むとか胸が苦しくなるといったイメージがある。確かにストレートにその部分に痛みが出るのが普通だが、中にはカラダの別な場所に痛みが出ることがある。そのような痛みを専門的には「放散痛」と呼んでいる。
ずっとしつこい肩コリに悩まされていたら、実は高血圧だったとか、本当は心臓に異常があった、あるいは膵臓が悪かったという例もある。
しつこい肩コリ以外に、何か別な症状はないか、体調はどうかということに気を配り、何かおかしいと思ったら、内科で一度検査を受けてみるとよいだろう。

 

○肩や背中に痛みが出る内臓の病気○

首から肩 … 高血圧など
主に右肩 … 胆石や胆のう炎など
主に左肩 … 狭心症、心筋梗塞、膵炎など
主に背中 … 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、尿路結石、腎臓結石など

ストレスや心の病
頭痛や肩コリを
まねくことがある

慢性的な頭痛や肩コリに悩まされている人の中には、ストレスがたまっていたり、うつ病など心の病を抱えている人も少なくない。ストレスは、自律神経のバランスをくずし、血流を悪くし、血行障害を起こして、肩コリを起こしやすくする。
現代人に増えている心の病の1つ、うつ病の患者は頭がなんとなく重いとか頭痛を訴える人が多い。うつ病は重くなってくると、意欲がどんどん低下して、夜よく眠れない、朝早く目が覚めて悪いことを考えてしまう、思考がどんどんマイナスになるなどの症状が出てくるが、中には明らかなうつ病の症状が出ず、頭痛や他の症状を訴える「仮面うつ病」などもあるからやっかいだ。
しつこい肩コリや頭痛に悩まされ、他にもなんとなく不快な症状が続くような人は、ストレスや精神的な要因がかかわっていないか、一度冷静になって考えてみよう。というより、現代社会で生きている以上、すべての人がストレスにさらされていると考えたほうがよいかもしれない。ただ、症状に気がついているかどうかだけであろう。

肩コリ
日本人特有の
症状である

欧米にはそもそも「肩コリ」にあたる単語がない。つまり、肩コリという概念そのものがないのだ。もちろん、肩コリはあるのだろうが、欧米人は意識していないようだ。
これには、欧米人より日本人のほうがカラダのつくりがきゃしゃだからだとか、筋力が弱いとか、日本人はなで肩が多いなどの理由が考えられるが、はっきりとした理由はわからない。
ただ、肩コリで悩んでいるのは、圧倒的に日本人が多いことは間違いない。
□主な参考図書
■間中信也「頭痛は警告する」 NTT出版 ■間中信也「頭痛はこわい」 河出書房新社 ■間中信也「ドクター間中の頭痛大学」 法研 ■坂井文彦「頭痛に悩む人に」 NHK出版 ■「日本神経学会 治療ガイドライン」 ■黒田栄史「くび・肩・腕の痛み」 法研 ■青木正美「首と肩の痛みをとる本」 講談社
□主な参照サイト
■She Smile http://www.shesmile.net/
シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]