若さを取り戻すVol.7《ウソなの?ホントなの?》

公開日:
38view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

歯周病が心臓病の原因になる

 

このところ、歯の病気と内臓の病気との関連が注目を集めている。加齢とともに確実に増加していくのが歯周病である。なんと30代で60%、40代で70%、50代では80%の人に、歯周病がある(程度の差はあるが)とされている。
歯周病の原因は細菌である。歯をよく磨かないと、特に睡眠中は唾液の分泌が少なくなり、洗い流す効果が弱まるため、細菌が繁殖しやすくなる。
また歯周病の人は、細菌がつねに歯グキにあって、歯グキも弱っているため、食事や歯磨きというマイルドな刺激でも細菌がカラダの中に侵入しやすい状態にある。これを「細菌による慢性炎症」と言う。
このような慢性的な炎症があると、カラダはいつも細菌を攻撃する体制にあり、その攻撃の余波が血管に炎症を起こして、動脈硬化につながるのである。すなわち歯周病がある人は、動脈硬化(心筋梗塞、脳梗塞など)になりやすいのだ。
歯周病は、予防可能な病気である。正しい歯のブラッシング法をマスターして、歯石を除去し、年に数回は歯周ポケットのチェックを行なうようにしよう。
参考文献 MattilaKJetal 『Clin Infect Dis. 1998;26:719-734』

グルメは長生き

食事の中で、実験により唯一長寿が証明されているのが「低カロリー食」 である(ネズミや女性を対象にした実験による)。理由としては、代謝率を低下させること、酸素をあまり使わないので活性酸素の発生が少なく細胞が傷まない、糖尿病になりにくい、自律神経を整える作用があり、生存を有利にすることなどがあげられている。
極端なダイエットは栄養的に問題があるが、バランスのとれた粗食なら少なくともカラダにはいいようだ。
グルメが好きな代表的な食べものに、霜降りステーキ、キャビア、フォアグラなどがある。これらは動物性脂肪(飽和脂肪酸)を多く含む食品で、肥満、ガンのリスクを高めてしまう。デザートに使われる乳脂肪も飽和脂肪酸であり、砂糖のとりすぎは肥満、内臓脂肪、糖尿病の原因になってくる。
とはいえ、いつも粗食ではストレスもたまるだろう。アンチエイジング的には、「たまのグルメでストレス発散」くらいがちょうどいいかもしれない。

月経が終わる
骨がもろくなる

女性は骨密度が30代で最大となり、その後毎年1%ずつ骨量が減少していく。さらに、閉経(月経が終わる)するとなんと骨量の減少が毎年3%の割合にスピードアップするのだ。これは、女性ホルモンのエストロゲンの減少に原因がある。
骨量が減少した状態を骨粗しょう症といい、大腿骨の骨折が増えたり、亀背とよばれる背中から腰が曲がった状態になったりする。ちょっと滑って尻餅をついただけで骨折をしてしまうということは、高齢者にはよくあることだ。
動けなくなって入院し、多くの場合は折れた大腿骨を人工骨頭で置換する手術が行われ、リハビリをする必要も出てくる。このように高齢になってからの入院やリハビリは、想像以上に負担がかかり、衰弱するきっかけにもつながってしまう。
30代からの骨量を維持するようなライフスタイルが、晩年のQOL(生活の質)を大きく左右する。骨量を増やすためには、ウォーキング、ジョギング、ダンス、テニス、スキーなど下半身を使う体重負荷運動を行なうといい。骨はつねに破壊と再生を繰り返しているので、運動で荷重がかかると骨の再生が促進されるのだ。
食事では、カルシウム、ビタミンDをしっかりとるように心がけよう。また、日光浴は肌にはあまりよくないが、ビタミンDを活性化させるのには役立つ。

CoQ10
歳をとると減少する

CoQ10は、コエンザイムQ10といい、人間の細胞の中でエネルギーをつくり出すミトコンドリアという細胞内小器官の中で、エネルギー代謝に関与する。
ミトコンドリアでエネルギーが産生される時、電子が次々と受け渡されて、電子は最終的にATPといわれる細胞が利用できるエネルギーの形となるのだが、その電子を受け渡す過程においてCoQ10は必須の物質なのだ。
心臓、腎臓、肝臓といった臓器に多く含まれ、加齢とともに減少することが知られている。
CoQ10の減少は加齢ばかりでなく、心臓病、ガン、アルツハイマー病にも関連していると言われている。
日本とドイツでは、心不全の薬として発売されているが、最近は処方なしでもドラッグストアで手に入れることができる。CoQ10の内服によって、リンパ球の一種であるT細胞が活性化するという報告もあり、免疫にも関与することが示唆されている。
病気、加齢の予防としては、1日30〜90㎎摂取することをおすすめする。脂溶性なので、空腹時に内服すると吸収が悪いため、食後に内服した方がよいだろう。
シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]