妊娠中は便秘になりやすい《ウソなの?ホントなの?》

更新日: 公開日:
515view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

妊娠中は便秘に
なりやすい

便秘に悩む妊婦さんは多い。特に妊娠も後期になると、大きく育った赤ちゃんが腸を圧迫し、便秘もさらに頑固になる。
妊娠すると黄体ホルモンが増加するが、これには消化管の動きを抑える働きがある。「つわり」と呼ばれる嘔吐が起こるのも、食道や胃の動きが低下するためだ。嘔吐すると、水分が失われ、便が硬くなりやすい。
食道や胃と同時に、腸の動きも低下してくる。腸の動きがゆっくりになると、水分の吸収がどんどん進み、便はさらに硬くなってしまうのだ。
妊娠中は、下剤の使い方も難しい。硬い便に対して腸を刺激するような下剤を使用すると、腹痛や便秘が悪化することがあるからだ。
また、妊娠中は貧血の治療のために、鉄剤を飲むことが多いが、これも便秘を悪化させる原因になることがある。
妊娠中のお母さんの便秘対策としては、食物繊維の豊富な食事と十分な水分を摂ること。それから、適度な運動を行なうように心がけよう。朝の冷たいミルク、ウォシュレット式のトイレも排便の誘発には効果がある。また、ウォシュレット式のトイレは、痔の予防にもつながる。
症状が改善しない場合は下剤を使うことも必要だが、漫然と使用し続けないように気をつけよう。

便秘の人は
和式トイレ
入ったほうが
うんちが出やすい

洋式トイレと和式トイレでは、排便に関係する肛門周囲の筋肉の状態が若干異なり、一般に和式トイレのほうが、排便しやすいと言われている。便秘の人は、一度和式トイレを試してみてもいいだろう。
しかし、これには便秘のタイプや精神的な要素なども関係してくるので、一概には言えない。洋式トイレで慣れ親しんできた人が、和式トイレではうまく排便できないということもよくあるからだ。
シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]