体臭をなくすVol.7《ウソなの?ホントなの?》

公開日:
2,804view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

お茶、梅干
体臭、口臭を防ぐ

お茶には、緑茶、紅茶、ウーロン茶など、さまざまな種類がある。お茶に共通して含まれるのは、カテキン、カフェイン、各種アミノ酸だ。
口臭を防ぐのには、におい物質生成を防ぎ、抗菌作用も強いカテキン、消臭効果のあるフラボノイドが有効。この成分は緑茶、ウーロン茶、紅茶の順に多く含まれている。
虫歯や歯周病の場合には、ウーロン茶が有効。虫歯や歯周病の菌を抑える成分が含まれている。また紅茶にも、虫歯予防の働きがある。
お茶で口臭を消す即効性のある裏技を1つ紹介しよう。出がらしの茶葉を捨てずに、そのままガムのように噛むのだ。これでたちまち口臭は消えてしまう。
口臭予防の決定版は梅干だ。唾液を分泌するのは梅干に勝るものはない。また、梅干に含まれるクエン酸が口の中を見事に殺菌する。忙しい中にも、お茶と梅干で口臭ケア。そんな手軽さがうれしい、ご先祖からの知恵なのである。

 

濃厚なココア
体臭を強くする

 

コーヒーは口の中を酸性化し、口臭を強くするのに比べて、ココアには便や体臭の消臭効果があることが、医療や介護の現場では経験的に知られている。何人かの看護師の方からの報告を見ると、どうやらココアには臭気を抑制する効果があるようだ。
ココアは、カカオの実を炒って、種の皮と胚芽を取り去って、残った胚乳の部分を粉末にしたもの。高たんぱく、高脂肪食品で、ビタミンA、B群、Eなどやミネラルが豊富だが、なんといっても食物繊維のリグニンが豊富に含まれている。ココアの濃厚な味はこの食物繊維、リグニンによるものだ。
リグニンの作用は、腸内で善玉菌を活性化させ、腸の蠕動を亢進し、腸内でのにおい物質の発生を抑える。またにおい物質をリグニンが吸収し、便として排出してしまう。さらに腸と肝臓の循環を活性化し、におい成分を分解する。体臭を予防するには、毎日手軽な習慣としてできることが一番長続きし、効果も確実だ。毎日何杯かのココアを飲むことで、体臭を防げるのはうれしい。

参考資料 http://www.gomiclinic.com/bbs3/wforum.cgi?list=new

 

 

足が臭いのは、
やさしい人

足の裏は汗腺が集中し、人体の中でも汗をかきやすいところ。1日にコップ1杯分の汗をかくといわれる。それも、日常的に靴下や靴に覆われて、密閉状態にあるから、はがれた皮膚の角質層を栄養にして常在菌が活躍できる絶好の環境にある。
しかし、水虫もなく、清潔にしているにもかかわらず、足がにおう人がいる。これはストレスから来る発汗から足のにおいを強くしていることが考えられる。
仕事のストレス、あるいは自分の足のにおいが周りに迷惑をかけているのではと気遣いする細やかな神経が、ストレスになってしまうのだ。
「足のにおいに悩む人は、やさしい人が多い」というのは、五味クリニック院長の五味常明先生。
自分の足のにおいを気にするあまり、さらに足に汗をかいてしまう、という、心優しいゆえの悪循環に陥ってしまうのも、こういった人だというのもうなずける。残念なことに、わきが治療とは異なり、足の多汗を直す完全な治療法は今のところ、ないとのことだ。

参考資料 「40代からの気になる口臭・体臭・加齢臭」五味常明著(旬報社)

 

においに敏感なままだと、
人類は絶滅していた

 

人間は、嗅覚が他の動物に比べて劣っている。それは、視覚を中心にして人類が進化してきたということもあるが、もし人間が嗅覚に敏感なままだったら、おそらく絶滅していただろうという学説がある。これはタスマニア大学のストダート博士の説である。(「人体・ふしぎ発見、『他人の匂い』から『心の奥』まで」高田明和著 講談社ブルーバックス)
人類がまだアフリカの森林地帯に住んでいた頃は、1人の男性を中心に1人、あるいは数人の女性が、それぞれ子供を引き連れて生活していたと考えられる。この時期、女性は発情期になるとフェロモンを発散し、男性を引き付けて子供を産み、群れを維持していたことであろう。
しかし、だんだんと大型の動物を狩るようになると、1家族では手に負えず、いくつかの家族が集団を作って、一緒に行動するよう、生活形態が変わっていく。しかし、このような中で、発情期の女性のフェロモンに、男性が敏感な嗅覚を持っていると、集団の秩序は維持できず、集団そのものが崩壊してしまう。
こうして人類はある種の淘汰を繰り返しながら、嗅覚に敏感ではないグループが生き残り、発情期のフェロモン分泌も少なくなったという。また、人類が頭脳と手先の器用さを発揮するようになると、嗅覚を用いて食べ物を発見する必要もなくなっていく。
人間の嗅覚が退化していったのは、進化における必然であったという説なのである。

シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]