30歳で血圧が高いと言われたら?《ウソなの?ホントなの?》

公開日:
155view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

高血圧は病気だ

高血圧
「高血圧」という言葉自体は、血圧数値があるレベル以上(上が140以上、下が90以上)の状態のことだが、「高血圧症」となるとそれがもたらす病気を意味している。とくに最高値180以上、最低値100以上の「重症高血圧」では、脳卒中や心疾患などの合併症を引き起こす危険性も高く、その意味では重い病気の部類。とりあえず、年齢が30歳以上になったら、高血圧には要注意。最高値120未満、最低値80未満の「正常値」の人以外は、「高血圧症」の予備軍か、すでにその領域に足を踏み込んでいる可能性が高い。
高血圧の受診率

高血圧になると、頭痛や肩こりなどの自覚症状が出る

高血圧 自覚症状
 高血圧症の人が、頭痛、肩こり、のぼせ、吐き気、耳鳴り、動悸、目まいなどの症状を訴えることもあるが、必ずしも高血圧によるものではない場合も多い(合併症によるものはあるが)。少なくともこれらが、高血圧に固有の症状でないことは事実。そうとう高い血圧を示している人でも、ほとんどの場合無症状のことが多い。それだけに何も症状が出ないからと、看過されがちなことがかえって危険だといえる。
高血圧 ツボ

高血圧かどうかは、病院に行けばすぐ分かる

高血圧 レベル
 血圧を発生させる心臓の拍動は1日に約10万回。発生するもので、しかもそのときの活動状況や体調、精神状態などによってもさまざまに変化する。したがって病院に行って1回だけ測定した結果だけでは、たまたま高かったのか、あるいはたまたま低かったのか分からない。
通常は間隔をあけて何度か測定したり、あるいは日をおいて数度測定した平均値などから、医師は高血圧か否か、高血圧だとしたらどのレベルかなどを判定する。
シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]