「寝る子は育つ」ので、成長期にはできるだけたくさん眠ったほうがよい《ウソなの?ホントなの?》

公開日:
1,245view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

成長ホルモンは睡眠中に脳下垂体の視床下部から分泌されるため、寝る子は育つというのはほんとうである。子供の行動と睡眠には密接な働きがあり、本来子供は成長期にはよく寝るようにカラダのしくみができているのだ。
成長ホルモンはカラダの代謝を促進させ、カラダの傷んでいる箇所を修復したりし、子供の脳や骨や筋肉の成長を促す重要なホルモンだ。深い睡眠になるノンレム睡眠の「段階3」や「段階4」という状態には、大量の成長ホルモンが分泌されている。
もし、この睡眠と成長ホルモンのバランスがくずれてしまうと、てんかん症状のある子供は、夜と昼のバランスがずれてしまい、昼寝て夜起きる症状が出ることがある。自閉症の子供は睡眠中のレム睡眠の回数が通常の回数と違ってくるため、健全な睡眠をとることができなくなってしまい、症状を悪化させてしまうこともある。
成長ホルモンの分泌は、子供の情緒を安定させるうえでも大切であり、大人は子供が熟睡できる良質の睡眠環境を与えることが必要だ。深夜遅くまで大人と一緒に起きていたり、外出している子供を見かけるが、深夜まで起きているのは健康上からも子供にとってはよくない。
成長ホルモンと熟睡の関係は大人にもいえる。成長ホルモンは特に肌の新陳代謝に影響をもたらし、睡眠が足りないと肌にハリがなくなる。睡眠不足は翌朝の肌のコンデションや化粧のノリに出てしまうから怖い。肌のためにもできるだけ睡眠時間をしっかりとろう。

時差ボケを治すためには、
眠くても起きていたほうがよい

時差ボケになると、「眠くても眠れない」「昼間なのに眠くて仕方がない」などの症状に襲われる。
時差ボケを解消するには、睡眠は現地の時間に合わせてとるほうがよいため、眠くても夜まで起きていたほうがよいのは確かである。あるいは、日本にいるときから現地の時間帯に合わせたリズムにカラダを慣らしてしておいてから出発するという方法もある。
時差ボケは睡眠だけではなく、頭痛、疲労、食欲不振や消化吸収のリズムのズレも誘発する。どちらかというとこのほうが治りにくく、消化吸収のリズムはそんな簡単に修正しにくいところがある。時差ボケは、症状を軽くする程度のことはできるが、そんなに簡単にうまくは治らない。

 

シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]