納豆は骨量の減少を抑える《ウソなの?ホントなの?》

更新日: 公開日:
122view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

納豆は骨量の
減少を抑える

実証はされていない。しかし、納豆はカルシウムのほか、イソフラボン、ビタミンK、たんぱく質など、骨の形成に必要な栄養素を豊富に含む健康食品であることはまちがいない。できれば毎日の食卓に、納豆をぜひ1品加えたいものだ。

骨粗鬆症はお年寄り特有の病気だ

 

早い人では40代でなる人もいる。骨粗鬆症が女性に多いのは、閉経を迎えると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減って、ホルモンバランスがくずれるため。若い人でも、両方の卵巣を摘出したような人は、同じことが起きうる。
つまり、お年寄り特有ではないが、骨量が減る高齢者がかかりやすい病気であるとはいえる。

○骨粗鬆症患者の推移○

厚生労働省が3年ごとに行う国民生活と健康の実態を調査した報告書「国民生活基礎調査」に「骨粗鬆症」がとり入れられた1995年と最新の1998年の結果と比較すると、通院者数は男女ともに上昇。とくに女性は1・5倍もの伸びを示している。

 

男性は骨粗鬆症に
ならない

女性に比べれば、はるかに少ないが男性にも骨粗鬆症患者はいる。その理由は、男性の最大骨量が女性よりも多く、骨粗鬆症と診断されるまで骨量が減少するのに時間がかかるためだ。女性が骨粗鬆症の危険域に達するのは、男性よりも15年も早い。
また、女性のほうが平均寿命も長く、それが骨粗鬆症のリスクを高めるという皮肉な結果にもなっている。

○女性と男性の骨量の違い○

乳製品はカルシウムを多く含み、その吸収率が高いことが知られている。牛乳はその代表選手で、カルシウムが効率的に摂取でき、牛乳に含まれる乳糖が腸内の有用な細菌の繁殖を助け、カルシウムやマグネシウムの吸収に効果がある。
一方、乳糖不耐症の人にとっては、下痢を誘発するだけの不快な飲み物ともなる。また、太り気味の人やコレステロール値の高い人は乳脂肪の摂り過ぎにも注意したい。
シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]