大人の歯より子供の歯の方がむし歯になりやすい《ウソなの?ホントなの?》

更新日: 公開日:
117view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

大人の歯より
子供の歯の方が
むし歯になりやすい

子供の歯(乳歯)は大人の歯に比べてエナメル質が薄いため、歯の防御機構が弱い。また、表面が粗いため食べかすなどがくっつきやすく、むし歯が進行しやすい状態にある。さらに、むし歯になってからの進行がとても早いのも特徴だ。
乳歯がむし歯になっても、「そのうち抜けるから大丈夫」と思って放置しておくのは危険である。乳歯のむし歯が、その後の永久歯のはえ方や成長に悪影響を与えることがあるからだ。
むし歯はたとえ乳歯でも、きちんしたケアを行なっていこう。

 

歯を正しく
磨いていれば、
むし歯にならない

磨き残しが出ないように正しく磨けばむし歯にはならない。しかし、歯を強い力でゴシゴシ磨き過ぎると、表面を削ってしまうことがある。磨き方には注意が必要だ。
歯の表面はエナメル質と言って、とても硬い組織でできている。しかし、特に歯グキと歯の間の部分、歯の根元あたりはエナメル質が薄く、セメント質が出始める場所でもあるため削れやすくなっている。
この部分が削れてしまうと、冷たいものや甘いものがしみる「知覚過敏」の原因になり、さらにセメント質の削れはむし歯に直結してくる。
よく磨いているからと言っても過信はせず、歯科医に定期的にチェックしてもらうようにしよう。

 

 

甘いものを
たくさん食べる
むし歯になりやすい

砂糖に含まれる糖質が口のなかに入ると、その糖質をむし歯菌が食べて酸を生成する。その酸によって歯の表面のエナメル質が溶かされるため、糖質が多量に含まれるお菓子などを食べるとむし歯になりやすくなる。
では、甘いものを食べなければむし歯にならないのだろうか。答えはノーである。歯が溶ける要因には、口のなかの酸性値(pH)も関係してくるからだ。むし歯菌が糖質を食べて発生させた酸によって酸性が強まり、pHが5・5を下回ると(中性でpH7)歯が溶け出す「脱灰(だっかい)」という現象が起こってくる。
ごはんやパンなどの炭水化物にも糖質が含まれているため、通常の食事でもpHが下がるのだが、この数値が極端に下がるのが食後30分以内である。そこを過ぎると、唾液の持つ「緩衝能」という作用でpHが正常に戻ってくる。
pHが正常値に戻れば脱灰した部分が修復(再石灰化)されるが、間食が多い人は要注意だ。pHが下がったままの状態が続くため、歯の再石灰化が追いつかなくなるからだ。

シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]