牛乳がだめでもヤギのミルクなら大丈夫《ウソなの?ホントなの?》

更新日: 公開日:
271view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

牛乳がだめでも
ヤギのミルクなら
大丈夫

乳製品に対する食物アレルギーがなければ、牛乳そのものや牛乳を使ったお菓子などの食品をとってもなんの問題もない。
牛乳アレルギーが症状を悪化させると証明された場合、牛乳に含まれる各種タンパク質を加水分解した低アレルゲンミルクが販売されているので、そういうものを代用品として使うのも1つの手段である。
また、ヤギのミルクには牛乳に含まれているある種のアレルゲンタンパク質が含まれていないので、なかには体質に合う人もいるだろう。だが、ヤギのミルクでもアレルギー症状を起こす可能性は否定できないので、必ず大丈夫というわけではないのだ。

小児アトピーの人は
白米や小麦
食べないほうがいい

白米や小麦に対する食物アレルギーがあり、実際に症状を悪化させるとわかっている場合以外は問題ない。
食物アレルギーの証明には、いろいろな手順を踏んでいくことが必要で、意味のない除去食は本人や家族に大きな負担を強いることにつながり、安易に行なうべきではない。
ただし、実際に米や小麦など穀類に対する食物アレルギーがはっきり関与している症例もあり、除去食が必要な場合も出てくる。牛乳の場合のように低アレルゲン米もいくつか登場しているので、試してみるのもいいかもしれない。

服は綿素材がよい

直接肌に触れる衣類には十分注意が必要だ。チクチクするような素材は刺激や痒みのもとになるので、できれば柔らかい綿素材のほうがいいだろう。
天然素材でも、麻などは直接肌に触れないようにしよう。ウールにも注意が必要だ。特に、寒い冬などにセーターが直接首や腕に触れるのはあまりよくないのだ。
シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]