ゴム底の靴を履くと痒みが起きやすい《ウソなの?ホントなの?》

更新日: 公開日:
113view
記事提供:読むサプリ出版「新よむサプリシリーズ」
シェアする

ゴム底の靴
履くと痒みが
起きやすい

アトピー性皮膚炎において、足の裏にはあまり特徴的な症状はない。一般論としては、あまり蒸れると皮膚の状態は悪くなるし、水虫などにもかかりやすくなるのは確かではあるが…。
アトピーの人が履いてはいけない(履かないほうがいい)靴は特にないが、仕事で安全靴や長靴を長時間履く人は、足裏や足の甲に肌のトラブルが多くなりがちなので、気をつけておこう。

パソコンを長時間使うと、
指先の症状がひどくなる

 

パソコンに限らず、仕事で手先、指先を酷使せざるをえない場合、その部位の刺激性の皮膚炎が悪化することは日常的によくあることだ。紙をめくることが多いだけで、悪化する人もいる。

 

アトピーの人は
プールに入ってはいけない

プールは、消毒のために塩素の濃度が普通の水道水よりも高い状態にある。そのため、小児アトピー性皮膚炎の子供を持つお母さんには、塩素の刺激を怖がってプールに入れるのをためらっている人もいるようだ。
しかし、よほど皮膚症状がひどくなければ、水遊びを楽しむのも悪くはない。プールから上がった後に十分にシャワーで水を洗い流し、必要に応じて軟膏処置を行なっておけば、まず大丈夫である。
ただし、水いぼ(伝染性軟属腫)、とびひ(伝染性膿痂疹)は、肌と肌の接触によって感染することがあるので注意しよう。

シェアする
読むサプリ編集室
「新よむサプリシリーズ」は、クイズ形式でのミニ知識<ウソなの?ホントなの?>や、ダイエットの真実を知る<薬膳レシピ>などを提供。根拠にもとづく健康選択ができるよう応援しています。
[記事提供:株式会社読むサプリ出版]