脳ドック

児湯郡で脳ドックを受診できる医療機関!おすすめポイント紹介

更新日: 公開日:
29view
シェアする

児湯郡で、脳ドックを受診したいと思い、医療機関を探している人向けの情報をお届けします。申し込み方法は? どんな検査があるの? 受診費用はいくら? そもそも近くに脳ドックを実施している医療機関があるの? そうした疑問の解消に役立つ情報です。

 

この記事では、宮崎県児湯郡で脳ドックを提供している医療機関を紹介しています。脳卒中は、がん・心臓病と並ぶ3大死因のひとつです。前触れなしに発症して、後遺症や寝たきりの原因となるケースも少なくありません。脳ドックの定期受診は脳卒中を予防し、その後の人生を健やかに過ごすためのサポートとなります。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2019年8月時点のものです。(更新日2019年9月)

川南病院

川南病院
出典:EPARK人間ドック

所在地:宮崎県川南町川南18150-47

アクセス:JR日豊本線 川南駅 車で約8分

診療時間
09:00-12:00
14:00-17:00

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

川南病院について

川南病院は、「地域に住む人たちの健康と生活を守る」ことを掲げて内科や脳神経外科などの診療とともに、脳ドックを提供しています。宮崎県中部の児湯郡川南町にある、病床数172床の総合病院です。JR「川南駅」から車で8分のアクセス環境です。自動車利用の方向けに駐車場も用意しています。

 

脳ドックの目的は、脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見です。川南病院は、脳卒中は乱れた生活習慣に起因することが多いとして、毎日の健康的生活の積み重ねが発症リスクを減らすと考えています。生活改善の指標となりリスクをいち早くとらえるためにも、脳ドックの定期受診は役立ちます。

川南病院のコース・費用

川南病院のおすすめポイント

脳血管のつまりや出血のリスクを検査

提供している「脳ドック」では、頭部MRI検査/頭部MRA検査を実施します。脳卒中には、血管がつまって発症する脳梗塞(虚血性)と、血管が破れて起きるくも膜下出血(出血性)に大別されます。頭部MRI検査は主に脳梗塞を、頭部MRA検査は、くも膜下出血を引き起こす未破裂脳動脈瘤などについて調べます。

 

検査時間は1時間未満・土曜日の受診にも対応

「脳ドック」の所要時間は1時間以内が目安です。土曜日の受診にも対応しています。検査結果については、受診後およそ1週間で報告書を郵送しています。また、説明を希望する受診者には後日無料で対応しています。

まとめ

この記事では、児湯郡で脳ドックを提供している医療機関を紹介しました。脳ドックの定期受診を通じた脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見は、ある日突然発症して生命に危険を及ぼす事態や、寝たきりの予防に大きな役割を果たします。

特に脳卒中の発症リスクを高める動脈硬化、そして動脈硬化を進行させる生活習慣病の発症には、ふだんの食事の乱れ・運動不足が大きくかかわってきます。脳卒中そのものの危険と合わせて日常生活を見直すきっかけとして、脳ドックの受診をおすすめします。掲載されている情報を参考に、ぜひ医療機関に予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

シェアする