大腸がん検診

江東区の大腸がん検診1施設のおすすめポイント

更新日: 公開日:
58view
シェアする

東京都江東区で大腸がん検診を受診できる施設を紹介します。大腸がんは女性だとがんによる死亡要因では非常に多いともいわれています。そこで、定期的に検査を受けられることをおすすめします。ただ、自らの健康をセルフチェックする重要性はわかっていても、いざ受診する施設を選ぶとなれば、迷うことも少なくありません。

選択に役立つ多様な情報を提供するために、この記事では、『大腸がん検診』を受診できる1施設を紹介しています。大腸がんや大腸ポリープ早期発見のための参考にしてください。

この記事で紹介する医療施設

※各掲載施設の情報は2018年4月時点のものです。(更新日2019年11月)

東陽パークサイドクリニック

東陽パークサイドクリニック
出典:EPARK人間ドック

所在地:東京都江東区東陽3-27-32玉河ビル4F

アクセス:東京メトロ東西線 東陽町駅 1番出口より徒歩2分

診療時間
09:00-12:00
15:00-18:00
13:30-16:30

※受付時間は変更になる場合がございます。
※こちらの診療時間はEPARK人間ドックの情報をもとにしています。

東陽パークサイドクリニックについて

image1
出典:EPARK人間ドック

東陽パークサイドクリニックは、大腸内視鏡を使用した、大腸内視鏡検査を行っています。異常を見落とさないために、新しい内視鏡を取り入れています。古いものよりもよく見えるので早期発見につながります。

また、大腸のポリープが見つかった場合などもそのまま切除をすることも可能です。受診者が切除しなかった場合に生じてしまうかもしれない、負担を考えると切除した方がいいという考えからだそうです。

土日も対応可能なので、平日忙しく検査に行けないという方にもおすすめです。

東陽パークサイドクリニックのコース・費用

東陽パークサイドクリニックのおすすめポイント

image1
出典:EPARK人間ドック
負担を抑えた大腸がん検査

東陽パークサイドクリニックでは、受診者に負担の少ない、大腸がん・大腸ポリープなどの検査を提供しています。また、新しい内視鏡でしっかりと検査してくれます。

大腸検査では、検査するために空気を入れなければならないですが、これが、腸内に吸収されづらく、おなかが張ってしまったり、気分が悪くなったりしてしまうことがあります。

東陽パークサイドクリニックでは、吸収されやすい炭酸ガスを使用することで、受診者の負担を和らげられるようにしています。

まとめ

この記事では世田谷区で大腸がん検診を提供している医療機関を紹介しました。どの医療機関も病気リスク発見のため検査に力を入れています。ストレスや生活習慣など何かしらの原因で病気を発症してしまうケースは少なくありません。

病気によっては定期的な通院が必要になり、お金や時間が必要となってしまいます。そうならないためにも健康管理、予防のために大腸がん検診の受診をおすすめします。掲載している情報を参考にぜひ医療機関の予約をしてみてください。

この記事で紹介した医療施設一覧

東陽パークサイドクリニック 東陽町駅:1番出口より徒歩2分
土曜も診療しているため「平日忙しい」という方にぜひ来院していただきたいです。

シェアする